つやプラ

つやっときらめく美をプラス

夏冷え解消&全身保湿に!簡単でコスパ最高な手作り入浴剤

健康美&フィットネストレーナー
MIKA

暑い時期のバスタイムは、シャワーだけですますことが多いですか?

筆者はアメリカに住んでいるのですが、1年中バスタブにお湯をためて湯船につかっています。昭和生まれの日本人としては、シャワーだけではなくゆっくりとお湯につかってリラックスしたいものです。

夏冷え対策のためにも活用したい!簡単・激安な手作り入浴剤

フィットネス美トレーナーの筆者が、お金をかけずに作ることができる「入浴剤のレシピ」をご紹介します。

■お金をかけずに作る「入浴剤」

お金をかけずに作る「入浴剤」

アメリカの水は日本と比べて「硬水」なところがほとんどです。そのため、肌がカサつきや髪のパサつきが気になります。

筆者はいつも入浴剤を湯船に入れていますが、アメリカで入浴剤はかなり贅沢品です。そこで、お金をかけずに入浴剤を作ってみました。

入浴剤のレシピ

夏でも、冷房によって手足が冷えたりしますよね。1日の終わりにはゆっくりと湯船につかってリラックスしたいものです。

材料

・重曹

・クエン酸

作り方

「重曹:2」に対して「クエン酸:1」の割合になります。これを、よく混ぜ合わせてください。アメリカでは、重曹のかわりに「Baking soda(ベイキングソーダ)」を使っています。

筆者はこれにプラスして、エッセンシャルオイルを湯船に入れています。その日の気分に合わせてラベンダーでリラックスしたり、夏にはスッキリするミント系のオイルを使っています。

■肌の乾燥が気になる場合は「ココナッツオイル」を

肌の乾燥が気になる時は、「ココナッツオイル」を使いましょう。浴槽のお湯にスプーン2〜3杯分のココナッツオイルを入れて混ぜるだけです。

筆者はお風呂上りにココナッツオイルをボディクリームがわりに使っていたこともありますが、お風呂のお湯にココナッツオイルを入れた方がベールで包まれているかのように全身が保湿されるのでおすすめです。ベトベトすることもありません。

※ココナッツアレルギーの方は使用しないでください。

高いお金を出して入浴剤を買わなくても、お安く簡単に作ることができます。手作り入浴剤を活用して、バスタイムを楽しんでみてください。

(フィットネス美トレーナー MIKA)

 

【関連記事】
100均グッズで美を磨く!美肌&美髪に導くお風呂美容のコツ
くすみがちな40代におすすめ!美白有効成分配合の日焼け止め
エステティシャン直伝!シワを増やさない日常生活のポイント
ノースリーブの季節までに!ボディの黒ずみケアコスメ3選

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら