つやプラ

つやっときらめく美をプラス

残暑&エアコン冷え…温度差疲れを解消して快眠する方法

理学療法士
矢間あや

この時期、まだまだ残暑が厳しかったり、冷房でひんやりしたりして、上着がないと寒いくらいの温度差があり、体もその温度差にあわせて体温を調整しようとします。

熱を作ったり、逃したりしてエネルギーを消耗していると、疲労がたまり、自律神経が乱れる原因になります。自律神経が乱れると、睡眠の問題に発展することもあります。

残暑に冷房!温度差に疲れたら就寝前にやりたい3つのこと

理学療法士の筆者が、夜、リラックスして質のいい眠りにつくために、就寝前にオススメの3つの方法をオススメします。

■温度差が激しい季節、眠る前にしたい3つのこと

(1)ぬる目のお風呂に5分つかる

入浴を、シャワーでサササッと済ませている方は多いのではないでしょうか? お風呂の役割は、体を清潔にすることだけではありません。

お湯に浸かり、浮力の力を借りることで、重力から開放され、疲れた体だけでなく、心までも軽くなります。湯船の中で手足を動かせば、一日頑張った筋肉がほぐれて、リラックスすることもできます。

また、夏場は外が暑いので、クーラーが効いている室内も多いでしょう。涼しくて気持ちがいいのですが、意外に体が冷えていることもあります。湯船につかることで、血流がよくなり、冷え性防止の効果も期待できます。

この時期、ついついシャワーで済ませがちですが、湯船につかることをオススメします。

(2)リラックスタイムを楽しむ

寝る前にひと時、リラックスタイムを楽しみましょう。

冷房で体が冷えたら、温かい飲み物を飲んで、体の内部から温めるのも手です。ハーブティーやノンカフェインの飲み物をセレクトすれば、ストレス軽減や睡眠にも効果的。冷たい飲み物ばかり飲んでいると、胃腸が疲れてしまいます。

また、ベランダや縁側で夜空を見上げてみるのもオススメです。

寝酒はNG

「ビールやアルコールで寝酒」と飲酒するのはNGです。お酒は寝る3時間くらい前までに終わりにしましょう。

寝酒は量が増えてやめられなくなることも。お酒は楽しむためのものです。寝るためのものではないので、寝酒はやめましょう。

(3)軽くストレッチする

一日頑張った体は、意外に緊張しているものです。軽くストレッチをして体をほぐしてあげると、いい睡眠にもつながります。また、適度にストレッチすることで、腰痛予防や肩こりの予防にもなります。

ただし、夜の激しいストレッチはNG。ゆったりとリラックスするためのストレッチをして、いい睡眠へといざないましょう。

「しっかりストレッチ」は朝に

逆に朝は、しっかりとストレッチやラジオ体操をして、一日の気分を上げていきましょう。運動不足は、健康にも美容にもいいことがありません。

夜は、美人を作る時間でもあります。ダラダラとスマートフォンでSNSのチェックをしたり、なんとなくテレビを見て過ごしたりするのではなく、自分へのご褒美タイムに変えて、明日も明後日もずっと美人でいるために、自分自身を整える時間にしましょう。

(著者/講師/理学療法士 矢間 あや)

 

【関連記事】
生まれついてのプリンセス!「お姫様度が高い星座」ベスト3
出世する人の手相はコレ!「仕事運」がわかる運命線の見方
小さな家事が運気を上げる!?愛される女性が大切にする家事
実は観察力があって気配り上手?「あざとい星座」ベスト3

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ライフスタイルの最新記事はこちら