つやプラ

つやっときらめく美をプラス

深い呼吸で心身を整える!秋疲れを癒す「ねじりのポーズ」

健康美&フィットネストレーナー
MIKA

今年の夏はとても暑かったので、体調を崩してしまったという方も多いのではないでしょうか? 暑さだけではなくマスク生活などの心理的なストレスが重なり、心も身体も疲れていると思います。

秋は心身ともに疲れやすい!?秋疲れ改善におすすめのヨガ

フィットネス美トレーナーの筆者が、「秋疲れ」を感じている方におすすめの簡単ヨガポーズをご紹介します。

■過ごしやすいはずの秋に「秋疲れ」

過ごしやすいはずの秋に「秋疲れ」

蒸し暑かった夏から、やっと秋になりました。秋は夏よりも気温や湿度が下がり過ごしやすいと思いますが、夏の疲れを秋に持ち越していたり、季節の変わり目に身体がついていけないと、疲れを感じる場合があります。

蒸し暑い夏から涼しくなる秋へと季節が変わる際には、寒暖差があります。それに加え、秋は台風が多いシーズンでもあります。そのため、天候による気圧の変化も激しく、心身共に疲れやすい時期でもあります。

そんな秋疲れ改善には、ヨガがとてもおすすめです。ゆったりとした深い呼吸とともに、ご紹介するポーズを実践してみましょう。

■秋疲れ改善におすすめの「ねじりポーズ」

秋疲れ改善におすすめの「ねじりポーズ」

今回ご紹介するポーズは、ヨガの代表的なねじりのポーズです。ヨガを行ったことがない人でも、「あ!このポーズ見たことがある」と思っていただけるのではないでしょうか。

ねじるポーズは消化器系に効果が期待できるポーズともいわれています。食欲がなかったり、便秘気味の方にもおすすめです。

やり方

(1)座ったまま、足の裏で空気を押すようなイメージで片足を伸ばします。もう片方の膝を曲げて両手で抱え、背筋を伸ばしましょう。

座ったまま、足の裏で空気を押すように片足を伸ばします。もう片方の膝は曲げて、両手で曲げている膝を抱え背筋を伸ばしましょう

写真では、右の足を伸ばして左側の膝を曲げています。

(2)息を深く吸ってゆっくり吐きながら、曲げている膝の方へ身体をねじります。この時、背中が丸くならないように、曲げている膝側の手を後ろについて身体をねじりましょう。身体の軸がまっすぐきれいに伸びたままねじることがポイントです。

息を深く吸ってゆっくり吐きながら、曲げている膝の方へ身体をねじります。この時、背中が丸くならないように、曲げている膝側の手を後ろについて身体をねじりましょう。身体の軸がまっすぐきれいに伸びたままねじることがポイントです。

ねじりきったところで、ゆっくり深い呼吸を5回ほど繰り返します。写真では左ひざを右手でしっかりと抱えて、左側にねじっています。

(3)反対側も同じように行ってください。

ご紹介したヨガポーズを実践する際は、ゆったりと深い呼吸を意識して行ってください。息を吸った時に背筋を伸ばし、息をゆっくりと吐く時にねじりが深まっていくイメージです。

(フィットネス美トレーナー MIKA)

 

【関連記事】
ぽっこりお腹&老け印象を解消!股関節ほぐし3分ストレッチ
腹筋だけではNG!ポッコリお腹解消に本当に必要なこと3つ
大人のぽっこりお腹対策のカギ!「反り腰」改善ストレッチ
体脂肪を減らして痩せるには?健康的に痩せる食事のコツ3つ

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら