つやプラ

つやっときらめく美をプラス

大人のうねり髪に!頭皮マッサージ効果を高めるシャンプー法

ヘアメイク
mayu3

年齢とともに皮膚がたるむのは、顔だけではありません。頭皮も顔と同じ1枚の皮でつながっているため、実は頭皮もたるみやすいのです。

頭皮がたるむと、毛穴もたるんでしまいます。このたるみ毛穴によって、もともとストレートだった髪の人もうねりやすくなります。

大人のうねり髪に!頭皮マッサージ効果を高めるシャンプー法

美容師、美容講師である筆者が、頭皮をマッサージしながらたるみ毛穴をリフトアップさせるシャンプー法をご紹介します。毎日のシャンプーでも美容室のヘッドスパのようなケアができ、頭皮もスッキリしますので、ぜひ参考にしてくださいね。

■シャンプーにはマッサージ効果もある?

シャンプーには、毛穴に詰まった汚れをとる以外に、頭皮をマッサージする目的があります。

例えば、美容室で髪を洗ってもらう時に2回洗うことがあります。1度目のシャンプーで頭皮の汚れや髪についているスタイリング剤を洗い流し、2回目のシャンプーで頭皮の汚れをとりながら血行を良くしたり、頭のこりをほぐしたりするために長めにシャンプーし、1回目よりも細かく行います。

もちろん、美容室によっては1回だけの場合もありますが、その際は1回で髪の表面や頭皮の汚れをとりつつ、マッサージ効果の高いシャンプーをしているので、2度洗いの1回目よりも丁寧にシャンプーされます。

私たちが家で普段やっているシャンプーも、サロンと同じようにマッサージ目的をとり入れたシャンプーを行うことで、サロンに行けない時でも頭皮ケアができるというわけです。

■自宅でできる!マッサージ効果の高いシャンプー法

サロンと同じように、マッサージ効果の高いシャンプーの仕方をご紹介します。

(1)シャンプー剤を手で泡立ててから髪につける

シャンプー剤を手にとったら泡だてないまま髪につける方がいますが、そうすると髪をこすって泡立てることになるので、摩擦によって髪が傷みます。また、泡立ちにムラが出るので、シャンプー剤がついていないまま洗っていることもあります。

そうならないためにも、まずはぬれた手にシャンプーを適量とり、洗顔をする時のように手で泡立てます。ある程度泡だったら、揉み込むようにつけていきます。

頭皮が油っぽいため、または整髪剤を使っているために泡立ちが悪い場合は、シャンプーを頭につけた後にもみ込みながらまんべんなく泡立て、お湯でサッと洗い流しましょう。スタイリング剤の汚れがとれるので、もう一度シャンプー剤をつけると泡立ちやすくなりますよ。

(2)顔まわりから襟足へ順番に洗いすすむ

生え際からスタートする

髪にまんべんなく泡をつけたら、イラストのように頭を4つのブロックに分けて1列ずつ進んでいきます

最初は、イラストの(1)の列から行います。耳上からスタートして中心に向かってこすります。中心まできたら、もう1度スタートの耳上に戻るようにこすります。

次に、(2)の列です。耳後ろからスタートし、中心に向かってこすります。この時、手を大きく動かして最初の1列目に重なるように行ってください

次に、(2)の列です。耳後ろからスタートし、中心に向かってこすります。この時、手を大きく動かして、最初の1列目の端に重なるように行ってください。

中心まできたら、(2)列目のスタート(耳後ろ)に戻ります。

同じ動きを、(3)列と(4)列も繰り返します。(4)列が終わったら、今度は(3)列〜(1)列を、同じ動きを繰り返しながら上に向かっていきます。

最後は頭皮全体を揉み込んで、手のひらでこめかみ部分を押さえたら、流して終了です。

(3)トリートメントは頭皮につけない

トリートメントは、シャンプーに比べると頭皮への刺激が強くなります。頭皮用のトリートメント以外のものを頭皮につけると、頭皮が荒れる場合があります。そのため、トリートメントは髪の毛でもダメージがひどい中間から毛先を中心にもみ込み、根本部分は少量にしましょう

洗い流す時は、トリートメントが残らないようにしっかり洗い流します。髪のパサつきが気になる場合は、ドライヤーで乾かす時に、洗い流さないトリートメントをつけてケアしましょう。

■マッサージ効果を高めるコツ

マッサージ効果をさらに高めるやり方や、時間がない時にもできる効果的なシャンプー法をご紹介します。

シャンプーする前にブラッシングする

シャンプーをする前にブラッシングすることで、頭皮の毛穴に詰まった汚れが浮きやすくなります。頑固な頭皮油が気になる方におすすめです。

やり方は、生え際からつむじに向かってブラッシングします。後ろも同じように生え際からつむじに向かってブラッシングしましょう。マッサージ効果もあるので、頭皮の血行も良くなりますよ。

シャンプーブラシを使う

時間がない時に本格的なシャンプーをしたい場合は、シャンプーブラシを使うと良いでしょう。シャンプーブラシでまんべんなくこすると、頭皮の毛穴に詰まった汚れもとれやすくなりますし、マッサージ効果もあります

手でシャンプーした後も、シャンプーブラシを使うと洗い流した後にスッキリするので、1つ持っておくと便利ですよ。

今回のポイントをふまえてシャンプーするだけで、頭皮環境の改善につながりますので、毎日の頭皮ケアとしてとり入れてみてください。

(ヘアメイク/美容講師/美容ユーチューバー/ライター/美容師/メディカル美容矯正士/コスメ薬事法管理者/全米ヨガアライアンスRYT200 mayu3)

 

【関連記事】
前髪変えて今っぽく!雰囲気別・40代のこなれ前髪の作り方
【動画】上品で大人可愛い!40代におすすめ簡単ヘアアレンジ
たるみも髪悩みも解消できる!?大人の垢抜けショートヘア
たるんだ毛穴が原因!?エイジングによる髪のうねり対策7つ

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら