つやプラ

つやっときらめく美をプラス

いつかはグレイヘアに!?グレイヘアで老け見えしないコツ

ヘアメイク
mayu3

グレイヘアに憧れているけれど、そこまで白髪が多くなかったり、「自分に合うかわからない」と悩んでいる方は多いと思います。

グレイヘアに挑戦するには?グレイヘアの注意点をプロが解説

ヘアメイク、美容師である筆者が、きれいなグレイヘアにするうえで気をつけたいポイントご紹介します。

■グレイヘアの魅力

顔が明るくみえる

白髪染めは白髪を隠すためにトーンが暗めなので、染め上がりは暗い色味の髪になります。そのため白髪染めをすると、顔の印象も落ち着いた雰囲気になります。

グレイヘアは髪色が明るいので、顔の印象が明るくなり、肌ツヤがよく見えるのが特徴です。

頻繁に髪を染めなくていい

髪は、だいたい1ヶ月に1センチずつ伸びています。そのためカラーをしている方は、遅くても1ヶ月すると根元の髪が気になってきます。

その点、グレイヘアは全体が白髪なので、根本が伸びても気になりません。カラーをしなくてすむので、コスパ的にも良いでしょう。

自分に自信があるように見える

白髪を活かしたヘアスタイルに抵抗のある方は多いですが、お手入れをきちんと行えば、白髪染めに引けをとらない魅力的な女性に見せることができます

■間違うと老け見え!?グレイヘアのNGポイント3つ

老け見えしやすいグレイヘアのNGポイントをご紹介します。

(1)ツヤがない

白髪は、黒髪と違って髪に色素がないので、ツヤが出づらいものです。

そのため、ツヤを出すヘアケアやスタイリング剤を使わないと、パサパサとした老け髪に見えてしまいます

(2)うねりが出やすい

年齢とともに、頭皮の毛穴も老化によりゆがみやすくなります。これによって、直毛だった方も髪がうねりやすくなります。

顔と同じように、頭皮のケアも行いましょう

(3)伸ばしっぱなし

白髪は、きちんとお手入れをしないときれいに見えません。

お手入れやヘアアレンジが苦手な方がロングにすると、清潔に見えず老け見えするので、気をつけましょう

グレイヘアはカラーをする手間が省けますが、その分、きれいに見せるお手入れが必要となります。まずは早いうちから、定期的にヘアケアやヘアアレンジをとり入れ、きれいに見せる習慣をつけるところから始めてみてください。

(ヘアメイク/美容講師/美容ユーチューバー/ライター/美容師/メディカル美容矯正士/コスメ薬事法管理者/全米ヨガアライアンスRYT200 mayu3)

 

【関連記事】
お出かけ前3分!白髪、薄毛をカバーするお助けアイテム3つ
髪型で老け見えしてない?定番ヘアをアップデートする一工夫
たるみも髪悩みも解消できる!?大人の垢抜けショートヘア
たるんだ毛穴が原因!?エイジングによる髪のうねり対策7つ

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら