つやプラ

つやっときらめく美をプラス

アンチエイジング&美肌に!緑茶の栄養を丸ごと摂れるレシピ

美容ライター
ユウコ

「緑茶」は、どなたにとっても身近なものでしょう。ビタミンCが豊富なので美容効果が得られる飲み物ですが、飲む以外にもその効果をいっそう得られる活用法があります。

アンチエイジング&美肌に!緑茶の栄養を丸ごと摂れるレシピ

ウエルネス&ビューティーライターの筆者が、美容に嬉しい緑茶の活用方法をご紹介します。

■緑茶の美肌効果&アンチエイジング効果に注目

緑茶には、美肌には代名詞的な成分である「ビタミンC」が豊富ということは、知られていることですよね。

そればかりではなく、ポリフェノールの一種である「カテキン」も豊富に含まれています。抗酸化作用にすぐれ老化の原因になる活性酸素の制御に役立つ、アンチエイジングには欠かせない成分です。

何気なく飲んでいる緑茶ですが、実は日本人の美と健康にとって大きな役目を果たしている飲み物です。

■ダイエット中には必須のお茶

「カテキン」には、体脂肪を減らす働きと肥満予防に役立つ効果が期待できるといわれています。

また、緑茶に含まれている「テアニン」にはリラックス効果がありますので、ダイエット中のイライラも和らげてくれます。緑茶は、ダイエット中の理想の飲み物です。

■緑茶の栄養素を丸ごと摂取できるレシピ3つ

緑茶は、ただ飲んでいるだけではもったいないです。その栄養素が余さずとることができる活用法を試してみませんか?

どれもとても手間いらずで簡単です。茶葉を丸ごと使い、食生活のバリエーションも広がるレシピをご紹介します。

(1)緑茶塩

サラダにふりかけたり、肉や魚料理の下味と、幅広く使えます。

材料(作りやすい分量)

・緑茶(茶葉) 大さじ1

・塩 小さじ1

作り方

(1)緑茶(茶葉)を粉状になるまでミキサーにかけます。

(2)(1)に塩を加え、よく混ぜ合わせれば完成です。

(2)緑茶酢

クエン酸とカテキンのダブルパワーで、身体もイキイキ。風味も絶妙です。

材料(作りやすい分量)

・お好みの酢 500ml

・緑茶(茶葉) 小さじ1

・塩 小さじ1

・砂糖 大さじ1

作り方

(1)酢に緑茶(茶葉)、塩、砂糖を加え、よくかき混ぜます。

(2)冷暗所で1週間ほど漬け込み、味がなじめば完成です。

おすすめの使い方

(1)フライなどの揚げ物にかけてレモン汁の代わりに緑茶酢を使うと、よりさっぱりといただけます。

(2)大さじ1杯の緑茶酢を50mlのお湯で割利、ホットドリンクとしていただきます。身体が温まるほか、脂肪燃焼効果も期待できます。

(3)緑茶オイル

サラダやマリネなどのドレッシングに最適です。グリルした肉や魚にふりかけても良いでしょう。

材料(作りやすい分量)

・緑茶(茶葉) 大さじ1

・オリーブオイル 100ml

作り方

(1)保存容器に緑茶(茶葉)を入れ、オリーブオイルを注ぎます。

(2)冷暗所で1週間ほど漬け込めば完成です。

海外に行くと、ほとんどの日本人は実年齢よりかなり若く見られるようです。これは緑茶を飲む習慣と、何らかの関係があるように思ってしまいます。飲むだけではない新しい緑茶の風味を、ぜひ味わってみてください。

(ウエルネス&ビューティーライター ユウコ)

 

【関連記事】
翌日のお味噌汁を美味しくする!ちょい足し美容食材4つ
納豆にちょい足しで健康&美容効果UP!?おすすめ食材3つ
サバ缶だけじゃない!美容に嬉しい栄養が豊富なおすすめ缶詰
もち麦でヤセ菌を育成!毎日食べたい「もち麦」の取り入れ方

【参考】
緑茶 – わかさ生活
カテキン – わかさ生活

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ライフスタイルの最新記事はこちら