つやプラ

つやっときらめく美をプラス

0円でできる最高の美容法!美肌につながる睡眠習慣3つ

理学療法士
矢間あや

空気の乾燥が気になる季節ですね。高い美容液やエステに投資をするのも良いのですが、まずは費用0円でできる「眠る」という美容対策をおすすめします。

美肌を目指すには、肌が生まれ変わる「ターンオーバー(肌代謝)」を意識することが大切です。肌は、皮膚の表皮の奥にある基底層から新しい皮膚細胞が作られ、それが上へ上へと押し上げられて肌の表面に出てきます。そして、それが垢や古い角質として剥がれ落ちて、新しい細胞と入れ替わります。この繰り返しをターンオーバーといいます。

0円でできる肌荒れ対策!美肌につながる睡眠習慣3つ

ターンオーバーの周期は約6週間といわれています。寝不足が続くとそのサイクルが遅くなったり、古くなった角質が肌の表面に残ったりして、肌荒れを引き起こす場合があります。

理学療法士の筆者が、質の良い眠りを手に入れるために行いたいことを3つご紹介します。

■0円でできる最高の美容術

肌のターンオーバーと関係のあるホルモンが「成長ホルモン」。成長ホルモンと聞くと、”成長期の子どものもの”と思いがちですが、成長ホルモンは大人も分泌しています。

この成長ホルモンが多く分泌されるのが睡眠中といわれています。分泌ピークは、眠りに入ってから約3時間後です。

寝不足が続くと、成長ホルモンの分泌量が低下して、ターンオーバーのサイクルが乱れやすくなります。

■質の良い眠りを手に入れるために行いたいこと3つ

(1)毎日、同じ時間に起きる

寝る時間も起きる時間も毎日同じということが理想ですが、忙しいと寝る時間を一定にすることはむずかしいですよね。まずは、同じ時間に起きることから始めましょう。

もし、朝起きてどうしても眠い場合は二度寝をするのではなく、一度起きて朝のルーティーンを行ってから改めて「お昼寝」をしましょう。お昼寝は90〜120分程度、15時までには終了してください。

(2)夜はリラックスする

私達の身体は、自律神経によってコントロールされています。自律神経は、昼間は活動的に、夜はリラックスできるようにバランスをとっています。

しかし、現代社会はなかなか夜にリラックスすることがむずかしい環境にあります。また、メールやネット、SNSを見て頭が興奮すると、リラックスできない場合があります。

まずは、夜にゆっくりリラックスできる時間をもつことが大切です。

(3)昼間の運動量を上げる

便利になった現代社会は、動かない社会になったともいえます。運動量を増やすといってもキツイ運動をするのではなく、エスカレーターでなく階段を利用するなど、日常生活のなかで運動量を上げていきましょう

肌荒れに悩む季節。質の良い睡眠で若々しい肌を維持しましょう。

(著者/講師/理学療法士 矢間 あや)

 

【関連記事】
働くことが大好き!?「バリバリ働いて稼げる星座」トップ3
素早く切り替え運気UP!物事がうまくいく人が使う魔法の言葉
近い将来が夢で分かる?美と若さのヒントをくれる「夢占い」
迷ったら高い方を買う!?お金に愛される人の3つの考え方

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら