つやプラ

つやっときらめく美をプラス

服を3つに分けてスッキリ!余白のあるクローゼットの作り方

ライフスタイルコンサルタント
横田真由子

年末の大掃除に向けて、クローゼットの中を見直しませんか? クローゼットは、あなたの生き様を表します。ストレスから解放され自信をとり戻すためにも、まずはクローゼットから整理してみましょう。

心にも余裕ができる!余白のあるクローゼットのつくり方

ミニマムリッチコンサルタントの筆者が、幸せなクローゼットのつくり方をご提案します。

■春夏物・秋冬物に分け、3つに分類する

(1)レギュラー選手(出番が多かった服)

「この服なしでは過ごせなかった」と思うくらい、好んでよく着た服を選びます。仕事用、プライベート用のどちらもあると思います。

このレギュラー選手が春夏、秋冬それぞれ10着程度だと、クローゼットがスッキリします。この少数精鋭たちをクリーニングに出したり、メンテナンスをしてメインにします。

(2)ベンチでの控え選手(出番が少なかった服)

あまり着る機会がなかった服を「なぜ着る機会が少なかったのか?」と考えてみましょう。「合わせ方がわからない」「普段は着づらい」など、さまざまな理由が見えてきます。

いざという時に頼りになる服だけに絞るため、「何と合わせると素敵になるか?」「どんなシーンなら活躍しそうか」などを考え、3パターンくらい思い浮かぶものだけを選びます。春夏、秋冬、それぞれ5着くらいが理想です。

(3)二軍の選手(出番はないけど、捨てるには惜しい服)

「デザインや色が旬を過ぎたけど好き」「高かったから捨てるにはもったいない」など、手放せない服もありますよね。しかし、「まだ着れる」と思う状態の時の方が処分するにも高値がつきますし、どんなに高かったものでもくたびれていては、あなた自身がくたびれて見えます

この二軍選手を全部で10着程度にすると、トータルで40着程度になり管理しやすくなります。

クローゼットに余白ができると、気持ちも晴れやかになります。無駄がなく、ワクワク感のある幸せなクローゼットを目指しましょう。

※ミニマムリッチ=「上質なものを少しだけ」の意味です。日常の中での意識を少し上質に変えるだけで豊かになれます。

(ミニマムリッチコンサルタント 横田 真由子)

 

【関連記事】
働くことが大好き!?「バリバリ働いて稼げる星座」トップ3
素早く切り替え運気UP!物事がうまくいく人が使う魔法の言葉
近い将来が夢で分かる?美と若さのヒントをくれる「夢占い」
迷ったら高い方を買う!?お金に愛される人の3つの考え方

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら