つやプラ

つやっときらめく美をプラス

お団子ヘアでリフトアップ&こなれる!簡単アレンジテク

ヘアメイク
mayu3

ヘアメイクの筆者が、いつものお団子ヘアをおしゃれヘアにするアレンジ術をご紹介します。お団子を高い位置に作ることでフェイスラインを引き締める効果も期待できるので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

シンプルヘアがお洒落に!リフトアップも◎こなれお団子ヘア

■リフトアップも叶う!お団子ヘアのポイント

高めの位置で結ぶ

高めの位置にお団子を作ることで、顔まわりの皮膚がほどよく引っ張られてリフトアップ効果を狙うことができます。

お団子の部分や表面の毛束を引き出して毛束感を出す

髪をしっかりとまとめてお団子を作るとかっちりとした印象に見えてしまいがちですが、毛束を細かく引き出して髪に動きやぬけ感が出ると、こなれたおしゃれ感がアップします。

後れ毛を出す

顔周りや耳後ろ、襟足部分など、部分的に後れ毛が出ていると大人の色気がグッと増します。出した後れ毛をコテで巻き、ゆるふわに仕上げるとおしゃれですよ。

■こなれ感を演出するお団子ヘアの作り方

用意するもの

・ヘアゴム 1本

・スモールピン 2〜3本

後れ毛を出したら、高い位置で小さなお団子を作ります。ヘアゴムで髪をひとつ結びにする途中で輪を作り、毛先を長めに残します

(1)後れ毛を顔周りや耳後ろなどに出します。多すぎると重たい印象になるので、細かく出しましょう。

後れ毛を出したら、高い位置で小さなお団子を作ります。ヘアゴムで髪をひとつ結びにする途中で輪を作り、毛先を長めに残します。

(1)で残した毛先をゴムで結んだ部分に巻きつけてゴムを隠し、お団子の両端をピンで2カ所留めます

お団子部分や髪の表面部分の毛束を細かく引き出します。親指と人差し指の爪で引き出すと、細かく引き出しやすいです

(2)(1)で残した毛先をゴムで結んだ部分に巻きつけてゴムを隠し、お団子の両端をピンで2カ所留めます。そして、お団子部分や髪の表面部分の毛束を細かく引き出します。親指と人差し指の爪で引き出すと、細かく引き出しやすいです。

注意点

(1)で小さなお団子を作る時にふわっと髪をまとめてしまうと、後から毛束を引き出してほぐす時にうまくほぐせず崩れやすくなります。小さなお団子をかっちりまとめて作ると、後からほぐす時にきれいな毛束感を出すことができます。

ワンポイントアドバイス

アレンジ前に大きめのコテでざっくりと髪全体を巻いておくと、ほぐした時に髪に動きが出てエアリーなスタイルに仕上がります。また、後れ毛は巻いた方がこなれたおしゃれ感がアップします。時間がある時は、ぜひ試してみてください。

毛束をほぐしたり後れ毛をプラスするだけで、シンプルなお団子ヘアでも大人おしゃれを演出することができます。また、お団子を高めに作ることでリフトアップ効果も期待できますよ。

(ヘアメイク/美容講師/美容ユーチューバー/ライター/美容師/メディカル美容矯正士/コスメ薬事法管理者 mayu3)

 

【関連記事】
ぺたんこ髪の原因は?髪が寂しく見える人のNGヘアケア習慣
手ぐしだけでまとまる髪に?スタイリングが楽になる乾かし方
一つに結ぶだけでこなれヘア!5分で完成するお洒落アレンジ
人気のボブを比較!好みのスタイルに仕上がるオーダーのコツ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら