つやプラ

つやっときらめく美をプラス

黒豆納豆で食べる白髪ケア?効果アップを狙える食べ合わせ

国際薬膳調理師
倉口ゆうみ

健康や美容のために、日々「納豆」を食べているという方も多いのではないでしょうか。もし、白髪対策やエイジングケアをしたいと思っているのならば、「黒豆納豆」がおすすめです。さらに効果を高めるならば、黒豆納豆にちょい足ししたいおすすめ食材があります。

納豆

ずぼらだけど薬膳のプロである筆者が、黒豆納豆にちょい足ししたい食材をご紹介します。

■黒豆納豆が白髪やエイジングケアにおすすめの理由

薬膳のベースになっている中医学(中国伝統医学)では、「髪は血の余り」と呼ばれています。血は髪や肌の栄養源ですので、血が減ると髪に栄養が十分に届きにくくなり、髪がパサついたり白髪が出やすくなると考えられています。

美髪を育みたいのなら、日々血を補う食材を食べましょう。そこでおすすめしたい食材が「黒豆納豆」。

胃腸の調子を整えながら血を増やし身体に巡らせる働きをもつので、効果的に血を増やすことができます。また、身体を温める作用もあるので、女性にとって嬉しい点です。

■黒豆納豆にちょい足しで効果アップを狙う食材

黒豆納豆+大葉

血は量があっても、巡りがスムーズでなければ意味がありません。巡りが滞ることで、隅々まで栄養を届けることがむずかしくなってしまいます。ですが、この組み合わせは血を増やしながら血を巡らせることが期待できます。

大葉は身体を温めながら巡らせる働きをしますので、黒豆納豆と組み合わせることでより美髪に導きます。さらに、「みょうが」を足しても美味しくなりますので、みょうがの旬の時期には一緒にお召し上がりください。

黒豆納豆+お酢+すり黒ゴマ

筆者の定番の食べ方NO.1の組み合わせです。お酢と納豆で巡りを良くし、すり黒ゴマは血を増やす働きをしますので美髪へと導きます

そのほか、シミやくすみ、ニキビ跡改善効果も期待できるので、美容面でも嬉しい点があります。ぜひお試しください。

黒豆納豆+生姜すりおろし+香味野菜(ネギやみょうが)

身体が冷えやすい方におすすめしたい組み合わせです。身体が冷えると血の巡りが滞りやすく、栄養が隅々まで巡りにくくなってしまいます。

この組み合わせは、身体を温めて巡らせるすりおろし生姜と(時間がなければチューブでもOKですが、できれば生の生姜をお使いください)香味野菜をプラスしました。ご飯だけではなく、麺類にトッピングしても美味しいです。

髪は年齢が出やすい部分です。ヘアケアも大切ですが、髪は食べたものでも作られています。髪をキレイにしたいのならば、食事にも気を配りましょう。

そのひとつに「黒豆納豆」が続けやすいのでおすすめです。その日の気分でトッピングを変えて楽しみながら、美髪を育んでいきましょう。

(薬膳ライフバランスプランナー/国際薬膳調理師/コラムニスト 倉口 ゆうみ)

 

【関連記事】
ダイエット中も白いご飯を楽しめる!白米の太らない食べ方
飲む物を変えれば痩せる!?ダイエット中に選びたいドリンク
◯◯茶で寝ている間に脂肪が燃える?美と健康に役立つ飲み物
ネバネバしてない方が美味!?実はNGな納豆の食べ方3つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら