つやプラ

つやっときらめく美をプラス

大人が買ってはいけないプチプラチーク&買うべきチークとは

エイジング美容研究家
遠藤幸子

40代以降から、メイクアイテム選びがむずかしくなります。というのも、アイテムによってはシワやたるみ、くすみなどの肌悩みを悪目立ちさせてしまう場合があるからです。特に、プチプラには注意が必要です。

チーク

アンチエイジングアドバイザーの筆者が、40代から買ってはいけないプチプラチークと、大人女性が買うべきプチプラチークの特徴をご紹介します。

■大人が買ってはいけないNGプチプラチークの特徴

マットよりの血色感の足りないベージュチーク

マットよりの血色感の足りないベージュチーク

一時期流行ったベージュチークをお持ちの方は多いのではないでしょうか。

ベージュチークはおしゃれで、アイメイクとリップメイクのバランスをとりやすいというメリットがあります。しかしその反面、血色感が足りず疲れた印象に見えたり、骨格が強調されて頬がこけたように見えたりして老けて見えがちです。

どうしてもベージュチークを使いたい場合、赤みが強めで頬に乗せた時に自然な血色感が出るもので、さりげないツヤのあるものを選びましょう。

パールやラメの存在感が強いチーク

パールやラメの存在感が強いチーク

パールやラメが存在感を放つチークをまとうと、頬が光の加減できらめいたり絶妙なツヤを放ったりして可愛いと感じる方が多いのではないでしょうか。しかし、40代以降ともなると頬にもシワやシミがあります。

そのため、パールやラメの存在感が強いチークをまとうことで肌老化を悪目立ちさせることがあります。そういったアイテムはさけ、ツヤが欲しい場合には、練り状のチークで自然なツヤを出しましょう。

また、パールに関しては粒子の細かくさりげないきらめきのものを使うと、肌老化を悪目立ちさせることなくまとえる可能性があります。いずれにしても自分の肌にまとってみて、あらゆる角度から仕上がりを確認して選ぶことが大切です。

色鮮やかすぎるオレンジチーク

色鮮やかすぎるオレンジチーク

オレンジのチークをまとうと疲れた印象を払拭し、明るく元気で若々しい印象を与えることができるように感じます。しかし、40代からはオレンジチークとの付き合い方がむずかしくなる傾向にあります。

なぜなら、色鮮やかすぎるオレンジチークをまとうと肌や雰囲気から浮いて見えやすいため若造りしているような印象を与えたり、黄ぐすみを引き立たせてしまったりする場合があるからです。

そのため、オレンジチークをまといたい場合は肌なじみがよく落ち着いたトーンのオレンジを選び、発色も透け感があるものにすると良いでしょう。

■大人が買うべきプチプラチークの特徴&おすすめアイテム

徹底解説!40代以降が買うべきプチプラチークの特徴

自然な血色感と適度なツヤ、透け感のある「赤チーク」

現在44歳の筆者があらゆるチークを試してきて最も自然に若々しく見えるのは、自然な血色感と適度なツヤ、透け感のある“赤チーク”だと感じています。特に、時間の経過とともに頬に赤みが出てくる方にはおすすめです。

ただし、発色が良すぎたりつけすぎたりすると不自然になるため、発色や量が調整しやすいものを選びましょう。そういう意味でおすすめなのが、スティックやクリームなどの「練り状のチーク」です。

指やスポンジに少量とり少しずつ色を重ねて控えめにまとうことで、くすみなどの肌悩みを感じさせないイキイキとした印象に仕上がります

クリームチーク CL08 クリアキュートストロベリー/キャンメイク

クリームチーク No.CL08 クリアキュートストロベリー/キャンメイク

手にとると、しっとりとしたテクスチャーが肌の上でサラサラとした質感に変化するクリームジェルチークです。肌に溶け込みつつ、にじみ出るような自然な血色感と適度なツヤを出してくれます

肌へのフィット力も高く崩れにくいので、マスクメイクにもおすすめです。画像カラーの「CL08 クリアキュートストロベリー」は、顔色をパッと明るく見せてくれる明度の高い赤色です。クリアタイプはリップとしても使えます。
(全11色 税込価格638円)

自分の肌になじみつつ透明感を与える「ピンクチーク」

肌のトーンによって似合うピンクは異なりますが、一般的に黄みを帯びた肌には「コーラルピンク」、青みを帯びた肌には「青みよりのピンク」がよく似合います。

そういった自分の肌になじみやすく肌に透明感を与えるようなピンクを選ぶと、大人可愛い雰囲気に仕上がります。

フェイスエディション(カラースティック) 03ピーチピンク/エテュセ

フェイスエディション(カラースティック) 03ピーチピンク/エテュセ

持ち運びにも便利なスティックチークです。柔らかすぎないテクスチャーが使いやすく、内側から血色感とツヤを生み出すような仕上がりになります

画像カラーの「03ピーチピンク」はほどよい黄みを帯びたやわらかなピーチピンクで、やさしげで可憐な印象に仕上がります。
(全4色 税込価格1,980円)

40代以降が買ってはいけないプチプラチークと、大人女性が買うべきプチプラチークの特徴をご紹介しました。ぜひ参考にしていたき、今の自分をより美しく若々しく見せるチークメイクをお試しください。

(アンチエイジングアドバイザー 遠藤 幸子)

 

【関連記事】
40・50代こそ使うべきプチプラアイシャドウ3つ
マスク老け解消!テクなしで旬肌になる新作クッションファンデ3選
老け見えを招く40・50代のNGハイライト5つ&正解の入れ方
眉毛で若見えに!40・50代がすべき眉の作り方

【参考】
クリームチーク – キャンメイク
フェイスエディション(カラースティック) – エテュセ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら