つやプラ

つやっときらめく美をプラス

ゴキブリ除けも!?料理以外の「スパイスハーブ活用法」4つ

三浦 絵里子

2014-11-11-00-00-18_deco

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

キッチンにあるスパイス、実はお料理以外にもいろいろな活用法があることをご存知ですか? 「自家製カレーを一度作ったきり使っていない」「上手にお料理に活用できずホコリをかぶっている」…。そんなスパイスを是非生活の違った場面で応用してみてください。どんなことに使えるのか、4種類のスパイスを例にご紹介します。

160506eriko00

 

■ゴキブリ除けにも使える!?「クローブ」

クローブは強く特徴的な香りがあることから、古くから口臭予防に用いられています。歯痛にも効果が期待できるので、詰め物が取れてしまった虫歯跡などに、応急処置として砕いたクローブを入れておくと良いでしょう。またゴキブリがこの香りを嫌うため、小さな容器や袋に入れて玄関先や下水近くなどに置けば、ゴキブリ除けにもなります。

 

■マッサージオイルに活用「チリ」

生のチリはビタミンCが豊富な上、痛覚を刺激して血液循環を促す効果があることから、マッサージオイルに活用することができます。オリーブオイルやアーモンドオイルなど、新鮮な植物油に2週間ほど漬け込めばOK。足の冷えを取ったり、筋肉痛をやわらげてくれます。生よりもオイルにすることで、お料理の幅も広がりますよ。

 

■再利用できる!?香り付けに「バニラ(さや)」

お菓子作りに使用するバニラ。その他の活用法はなかなか思いつきませんよね。であれば、砂糖やミルクに浸け込んでおいてはいかが? 甘い香りが移って、ティータイムがより一層楽しみになります。香り付けした後も、洗って乾かせば何度でも使えるのもうれしいポイント。せっかく天然バニラを買ったなら思いっきり活用しましょう!

 

■食べ過ぎたら「フェンネル」「カルダモン」

カレー作りに欠かせないフェンネルやカルダモンは、クローブ同様に爽やかな香りが自慢のスパイスです。どちらも消化促進や駆風、消臭作用があるので、カレーや揚げ物、香りがきついものを食べた後に一粒かじると良いでしょう。味や香りに強いパンチがあるので、砂糖をまぶしておくとより食べやすいかもしれません。

スパイスハーブは古くから調味料として、薬用として、生活品として幅広く活用されてきました。さまざまな場面で応用してみてください。
(ホリスティックビューティインストラクターEriko)

【関連記事】
NEXTスーパーフード!?「アマランサス」炊き方レシピ&使い方

【参考】
※林真一郎著(2010)『メディカルハーブの事典』(東京堂出版)
※ジル・ノーマン著(2015)『スパイス完全ガイド』(山と渓谷社)

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

「敏感肌」に×なNGケアとは?乾燥の季節を乗り切るためのルール3つ

敏感肌やゆらぎ肌には、ちょっと憂鬱な夏を過ぎた肌。この時期に感じる不調には、紫外線の影響をしっかりとうけてしまった、急な気温の変化で身体がついていけない、忙しくて休息が足りないなど、思い当たる方も多い …

  • スキンケア
  • 乾燥肌
  • 敏感肌

「枯肌」の原因はストレスにあった!? アラフォーに使って欲しい話題のアイテムとは

頬のたるみや目元の影ジワ、キメの乱れた肌……このような肌トラブルがかさなり、自分の肌が枯れているように感じていませんか。毎日スキンケアを頑張っているのに肌が枯れたように見えてしまう、そんな人はストレス …

  • エイジング
  • スキンケア

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら