つやプラ

つやっときらめく美をプラス

寒暖差に負けない!「肌代謝」を上げてエイジングサインに働きかける方法

エイジング美容研究家
遠藤幸子

気温の低い日が続くと血行が悪くなり、代謝が下降気味となった結果、ターンオーバーが乱れる恐れがあります。ターンオーバーが乱れると、エイジングサインを招く大きな要因となるため注意したいですね。

そこで、血行をよくし肌の代謝を上げ、ターンオーバーを促進させる方法についてご紹介します。

寒暖差に負けない!「肌代謝」を上げてエイジングサインに働きかける方法

■「肌代謝」を底上げする方法3つ

1.肌を温める

・蒸しタオル
肌を最も手軽に温める方法としておすすめなのが蒸しタオルを使う方法。温かいお湯を使って用意することもできますが、水で濡らしたハンドタオルを絞り、電子レンジで加熱する方法が手軽。火傷にはくれぐれも注意し、蒸しタオルがぬるくなるまでは肌にのせて温めましょう。朝の洗顔前に行うと毛穴が開き、汚れを落としやすくなるので、特におすすめ。

・スチーム
肌を温めるなら、スチームも効果的です。筆者のおすすめはスチーマーを使用する方法。使いながらオイルなどを塗りマッサージするとくすみを解消し、ツヤ感アップが期待できます。使用するタイミングですが、筆者のおすすめは断然「朝」! 何かと忙しいと思いますが、寝起きで身体が冷えている時間帯でもあるので、メイク前にスチーマーを使用するとメイクのりもよくなり、くすみの改善にも効果的。また入浴時、湯船に浸かる際、頭からタオルを被ってお風呂のスチーム効果を利用するのも、手軽で有効です。

2.運動

代謝を上げるためには、運動も大切なんです。ウォーキングなどの有酸素運動とストレッチ、筋肉を引き締めるヨガや筋トレなど、組み合わせて行うのが効果的。1日20分以上を目安に行うことをおすすめします。とはいえ継続することが第一なので、あまりストイックに取り組む必要はありません。「今日はウォーキング、明日は筋トレ」と日毎に変化をつけると比較的継続しやすいでしょう。

3.ピーリング

古い角質が溜まると肌の代謝の低下に繋がりますから、週に1回程度、角質ケアを行うのがおすすめです。ふき取りタイプのピーリング剤など、刺激が少ないアイテムを利用することをおすすめします。

寒い季節に限らず、常に肌の代謝を意識し、加齢により遅れがちなターンオーバーをスムーズにすることが大切です。肌の代謝を上げ、しわやたるみ、シミなどのエイジングサインに働きかけていきましょう。

(アンチエイジングアドバイザー 遠藤幸子
エイジング美容研究家として雑誌やラジオ、企業のインフォマーシャルに出演。ウェブ、雑誌等でコラムを執筆するほか、コスメブランドの広告も手掛ける。できるだけナチュラルな方法でできるアンチエイジング法を日々模索。豊富な自己体験を元に情報を発信中。)

【関連記事】
矯正下着が臭いの原因に!?デリケートゾーンのお悩み解決法
NGケアで毛穴悩みが悪化?毛穴タイプの見極め方&最適ケア
歯磨きしながらほうれい線予防!「ながらdeたるみケア」3つ
冷やした化粧水がたるみを招く!?アラフォーのNGスキンケア

【参考】
※友利新監修『最新版 肌美人になるスキンケアの基本悩み解消パーフェクトBOOK』(学研パブリッシング)
※吉木伸子著『素肌美人になるためのスキンケア美容医学事典』(池田書店)

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら