つやプラ

つやっときらめく美をプラス

ダイエットのサポートにも◎!ワカメの美容効果5つ

生井理恵

ベジ活

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

日本人には、お味噌汁やサラダなどで馴染みの深い「ワカメ」。なんとなく身体に良さそうですが、どんなことに効果があるのか、知らない人も多いのではないでしょうか。

ダイエットのサポートにも◎!ワカメの美容効果5つ

そこで今回は、ベジ活アドバイザーの筆者が「ワカメの美容効果」をお伝えします。

便秘改善作用や美肌、美髪などにも効果があるといわれているワカメを、環境の変化から不調になる人が多いこの季節に、ぜひとり入れてみてください。

■ワカメの美容効果5つ

(1)便秘改善

ワカメを食べると、お腹のビフィズス菌の割合をアップさせる効果があります。腸内環境を整えてくれる働きも期待できます。

理研の実験によると、ワカメを食べた人は食べていない人に比べて排便回数が多いという結果も出ています。便秘がちな人は試してみてはいかがでしょうか。

(2)美髪・美肌作用

ワカメに含まれる「ヨウ素」には、新陳代謝に必要な甲状腺ホルモンの働きを正常にする効果があります。甲状腺ホルモンは交感神経を刺激するので、たんぱく質、脂質、糖質の代謝を高め、基礎代謝が向上すると考えられています。

新陳代謝の活性化は、髪や爪、肌の美しさにもかかわるため、美髪・美肌にも効果が期待されています。

(3)免疫力UP

2000年以上前に秦の始皇帝が、不老長寿の薬として「フコイダン」を含んだコンブを利用していたといわれています。

フコイダンは、ウイルスに感染した細胞を攻撃するNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化させる働きがあるため、免疫力を高めると考えられています。

(4)むくみ改善

むくみの要因の1つに、塩分のとりすぎが考えられます。ワカメに含まれる「アルギン酸」は、腸内で「カリウム」と結びついて放出し、「ナトリウム」を減少させることでカリウムとナトリウムのバランスを調節する働きがあります。

このことから、むくみ改善にも有効だといわれています。

(5)ダイエットをサポート

ワカメに含まれる「水溶性食物繊維」は胃腸内をゆっくり移動する性質があるため、お腹がすきにくくなり食べすぎ防止になると考えられています。

その他にも水溶性食物繊維は、糖質の吸収をゆるやかにし食後血糖値の急激な上昇を抑えることから、ダイエットのサポートにも効果的です。コレステロールを吸着し体外に排泄する働きもあるので、ダイエット中は意識してとりたいですね。

今回は、ワカメの美容効果を改めておさらいしました。食べてキレイになる食材として、楽しみながら活用したいですね。

(ベジ活アドバイザー 生井理恵
「食べてキレイになる料理教室」主宰。食べて美人になるレシピには定評があり、企業へのレシピ提供・商品監修を多数手掛ける他、講演やセミナーも精力的にこなす。著書に「ママとキッズの楽しいベジ活」がある。)

【関連記事】
痩せるつもりが逆効果!栄養士が教える「太りやすい食事法」
おにぎり&スープは痩せにくい!?ランチ選びの落とし穴3つ
養蜂を見極めて!美容家が本当に食べている「ハチミツ」3選
止まらない食欲に!栄養士が教える「食べ痩せ」ポイント3つ

【参考】
成分情報 わかめ – わかさ生活
成分情報 フコイダン – わかさ生活
食物繊維の分類と特性 – 大塚製薬

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

夏はエイジングが加速する!?初夏にすべき美肌を守るスキンケアとは

梅雨が明けると、本格的な夏の到来ももうすぐ。皆さんは、夏に向けてしっかりとお手入れをしていますか? 一年の中でも、夏は特にエイジングが加速しやすい季節だと言えます。そのため、この時期から美肌を守るため …

スキンケアが効かなくなった?今こそ見直したい、美顔にまつわるNG習慣

最近、スキンケアが効かないと感じていませんか? 朝晩きちんとスキンケアしているつもりでも、肌が乾燥したり、肌老化が進んだりして、あまり効果が感じられない……。そんな悩みを抱え始めるのが、まさにアラフォ …

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら