つやプラ

つやっときらめく美をプラス

朝ヨーグルトで美腸キープ!「朝食ヨーグルトレシピ」3つ

岩田 まなみ

iwata

腸内環境美化のために、ヨーグルトを毎日欠かさないという方も多いですよね。実際、ヨーグルトを食べて改善された腸内環境は、食べるのをやめると元にもどってしまうそうですから、毎日続けることが大切です。

朝ヨーグルトで美腸キープ!「朝食ヨーグルトレシピ」3つ

とはいえ、「毎日同じヨーグルトでは飽きてしまって食欲がわかない」という方もいらっしゃるでしょう。そんな方のために、「ヨーグルトを使った朝食レシピ」を3つご紹介します。

■毎朝続けたい!朝食ヨーグルトレシピ3つ

毎朝おいしく飽きずに腸活!「朝食ヨーグルトレシピ」3つ

(1)オーバーナイトミューズリー

その名の通り、ミューズリーをヨーグルトに一晩漬けこんだものです。

ミューズリーの主原料であるオーツ麦は、食物繊維が豊富で腸内細菌のエサとなる食材です。そのままヨーグルトをかけて食べるものですが、一晩漬けこむことでミューズリー独特のもそもそ感が減り、モッチリとした一味違ったミューズリーとなります。

カップ1/2のミューズリーに1カップのヨーグルトを目安に、一晩漬けこみましょう。

(2)ヨーグルトディップ

コーヒーフィルターなどを使って、ヨーグルトを一晩水切しておきます。しっかりと水気を切ったヨーグルトはクリームチーズのような食感になります。

これを、食物繊維が豊富な全粒粉を使ったパンやライ麦パンに添え、お好みでコショウハチミツを添えて食べてみましょう。普通とは違ったヨーグルトが楽しめます。

(3)彩野菜のヨーグルトサラダ

キュウリパプリカ、プチトマト、玉ねぎなどをみじん切りにして、ヨーグルトに一晩漬けておきます。食べる食前にオリーブオイルで味を調えます。

ヨーグルトのタンパク質、野菜の食物繊維やビタミン、ポリフェノールなどが1回で摂れる、バランスのよい朝食になります。

腸内環境美化のためには、有用菌だけでなく、善玉菌のエサとなる食物繊維も摂ることが大切です。ヨーグルトと食物繊維が豊富な食材を組み合わせて、毎日美味しく飽きずに腸活を続けたいですね。

(美養フードクリエイター・中医薬膳師 岩田まなみ
料理教室Manami’s Kitchen主宰。パリのEcole Ritz Escoffierにてフランス料理を学びDiploma取得、本草薬膳学院にて薬膳を学び、中医薬膳師の資格を取得。健康リズムカウンセラー、味覚カウンセラー(スタンダード)。自著「ヤセ菌が増えて太らない食べ方」(2016年・自由国民社)。コラム執筆、雑誌、TVなど多数のメディア出演実績がある。)

【関連記事】
40代からの腸活に◎!「毎日食べたいフルーツ」3つ
ダイエット中は「おにぎり」が正解!?加えたい具材2つ
「酵素ジュース」は砂糖不使用で出来る!作り方のポイント
ダイエットに今日から始めたい!ヤセ菌が増える食べもの5つ

【参考】
乳酸菌による腸内環境と便秘の改善について – 明治

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら