つやプラ

つやっときらめく美をプラス

加齢でタレ胸に!?美胸キープに◎なナイトブラのすすめ

町山町子

_MG_8053

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

「バストアップするためには、『ナイトブラ』をつけた方がいい」と聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

寝ている間にバストが大きくなるというのが本当なら、すべての女性が「ナイトブラ」を着用しますよね。果たして、「ナイトブラ」でバストアップが期待できるというのは本当でしょうか?

加齢でタレ胸に!?美胸キープに◎なナイトブラのすすめ

「今まで、さまざまなバストケア(バストアップ器具はもちろん、食生活やエクササイズなど)を試してみたけれど、いまいち効果がわからない」という方のために、下着メーカーのワコールの調査の情報を元に、「ナイトブラ」に期待できるメリットを調べてみました。

■バストの形の変化と垂れてしまう要因3つ

バストのサイズダウンや下垂などが起こる主な要因は、加齢です。年齢とともに、バストには次のような変化が起こります。

(1)加齢によるホルモンバランスの変化や乳腺と脂肪の構成比の変化により、バスト全体のハリが失われて、下垂しやすくなる。
(2)大胸さんは、特にバストに重力がかかり、揺れなどの外部刺激が長時間あると、バストを支えてくるクーパー靭帯にストレスがかかって伸びる。これが「垂れる」要因になる。
(3)加齢によって肌の弾力、柔軟性、筋力が低下して、支える力が弱まる。

バストの構造を考えると、「ブラによってサイズが大きくなることはあり得ない」ということがわかっているそうです。つまり、「ナイトブラをつけることで、バストのサイズが大きくなる」ことは期待できないみたいですね。

「ナイトブラ」着用のメリット

それでは、ナイトブラの着用にはまったくメリットがないのでしょうか?

寝ている間のバストには、日中と異なる重力(仰向けや横向きに寝ることで、あちこちに動いてしまう)がかかります。なので、「バストの形くずれを防ぎ、睡眠の質を高める」という意味においては、ナイトブラをしてバストを安定させることにメリットがあるといえます。

特に、大胸さんや出産後の方は、「バストケア」にナイトブラを着用することで、さまざまな方向に引っ張られるバストを支えて安定させることができます。

バストの下垂を防ぐことで、「サイズダウン」の対策にはなるといえそうです。

■バストの下垂対策に「ナイトブラ」がおすすめ

バストの下垂は、早い人で20代から始まっています。一般的に、バストは年をとるに従い、次のようにかたちが変化します。

丸い形で垂れていない
→上胸のボリュームが落ちてくる
→バスト自体が下垂気味になり、乳頭が下向きに
→バストが外に流れて、全体的に下垂する

バストのかたちがいったん変化したら、元に戻すことは困難です。だからこそ、寝ている間のケアが大事だといえるでしょう。

「ナイトブラ」で眠っている時間を有効活用

「横になっているときのバストって、いろんな向きに動いてしまって、胸が動いて寝つきが悪い……」なんて思ったことはありませんか?

寝ている時間は、睡眠が短い人でも4〜5時間、確保できている人なら7〜8時間あります。日本人の胸は柔らかい脂質といわれているので、この時間何も対策をしていなければ、体が動く向きにバストは動いて、引っ張られて、負担がかかってしまいます。

なので、寝るときは毎晩ナイトブラをつける! 私は今はこれを習慣にしています。

使用してみての個人的な感想ですが、胸周りが暖かくて気持ちよく眠ることができたのが、一番うれしいポイントです。また、バスト周りの脂肪が柔らかくなり、中央に寄せやすくなった気がします。何より睡眠の質が高まり、前より寝つきもよくなった気がしますよ。

「ナイトブラ」のつけかた

谷間を意識して、バストが大きくなった自分の胸をイメージして、はみ出したお肉を胸に寄せて、ナイトブラにしまいます。

特に、はみ出したお肉でバストに寄せやすいのは、

(1)背中〜脇のお肉
(2)お腹周りのお肉

谷間になるよう意識して中央に寄せましょう。

■「きれいなボディライン」対策、日中の過ごし方

ナイトブラ着用と合わせて、日中の過ごし方も気をつけるようにしましょう。

ボディラインもバストラインも、美しくキープするためには、日頃からきれいな姿勢や歩き方を心がけて身体を動かすことが大事です。暴飲暴食はNGですので、規則正しい生活とバランスのとれた食事を心がけましょう。

身体の変化に応じた下着選びも大切です。着心地がよく、締めつけ感のない伸縮性のある下着が理想的です。

「ナイトブラでバストアップができるか?」を実際試してみた結果、まだ途中経過ではありますが、今よりバストの脂肪が流れないように支えて下垂を防ぐこと、形くずれをしないよう対策を行うことには、一定の効果があると感じています。

意外とみなさん、夜寝ている間のバストのケアって盲点ではないでしょうか。日中使いができるナイトブラもあるので、バストでお悩みの人はぜひ、試してみてください。

(エステセラピスト/ビューティーヘルスエディターライター 町山町子
編集プロダクション、出版社勤務を経て独立。主に本の企画編集者、執筆者。一方で、“癒し、美容と健康”をテーマに自然派サロンを日本橋にOPEN。後に東船橋に移転。現在はハーブとアロマ、ボディ・フェイシャルなどのセラピストとして活動中。)

【関連記事】
スカンツ・スカーチョに続くトレンドとは?プロが解説!
プロが伝授!脚長に見える、スタイルアップコーデの法則3つ
おしゃれな人はしない!服選びの「NG習慣」3つ
縁起が良い!お金持ちの「財布選びの特徴」3つ

【参考】
「からだのエイジングと美の法則」 – ワコール
【睡眠と下着に関する調査】女性の5人に1人が、実はおっぱいの睡眠不足であることが判明!?快眠して日中アクティブに過ごすための”「入眠」✕「乳眠」儀式”のススメ – ワコール

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

エイジングケア、何から始めるべき?「つやプラ×オルビス 迷える女性におくる美容セミナー」をレポート

肌のハリ・つやのなさが最近気になる……エイジングケア※1を始めたいけれど何から始めたら良いの? という迷いを感じているなら、あなたも“エイジングケア迷子”かも。 2018年10月10日に開催されたイベ …

  • ツヤ肌
  • ハリ
  • ハリ肌

「敏感肌」に×なNGケアとは?乾燥の季節を乗り切るためのルール3つ

敏感肌やゆらぎ肌には、ちょっと憂鬱な夏を過ぎた肌。この時期に感じる不調には、紫外線の影響をしっかりとうけてしまった、急な気温の変化で身体がついていけない、忙しくて休息が足りないなど、思い当たる方も多い …

  • スキンケア
  • 乾燥肌
  • 敏感肌

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら