つやプラ

つやっときらめく美をプラス

肌より老化してるかも!?髪や頭皮のUVダメージ対策3つ


齊藤あき

本格的な夏が到来し、紫外線量も気になる季節。紫外線がお肌へ及ぼす悪影響は、皆様ご存知だと思います。お肌のUV対策は当たり前となりましたが、同時にして頂きたいのが髪と頭皮のUVケア。

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|つやプラ

実は、お肌以上にダメージを受けているのが髪や頭皮。頭は顔の2倍以上もの紫外線量を受けていると言われており、老化が最も進行しやすい部分です。髪のパサつきはもちろん、薄毛や抜け毛の原因にもなりかねません。日々の紫外線対策が、美髪の分かれ道となるのです。

■紫外線ダメージよる髪への影響

髪を保護しているキューティクルは、熱、摩擦、紫外線にとても弱いです。強い紫外線を受けると、キューティクルが剥がれ内部のタンパク質が流出し髪のパサつきや、切れ毛や枝毛の原因に。また、髪の黒い色素(メラニン色素)が分解され脱色する場合も。

■紫外線ダメージによる頭皮への影響

夏の紫外線は、エネルギーが強く頭皮の奥までダメージを及ぼします。紫外線は浴びた分だけ貯金箱のように蓄積され、光老化となって現れます。頭皮に固く弾力がなくなると毛根に栄養も届きにくくなり、結果、抜け毛や薄毛という症状に現れてきます。

■紫外線から頭皮や髪を守る方法

(1)日傘や帽子など、UV化粧品を使用しましょう

外出の際は日傘や帽子などを使用し、なるべく紫外線が当たらないようにしましょう。また、海や山など紫外線量が多い場所は、ヘアケア用のUV化粧品を使用するようにしましょう。スプレー式で簡単に使えるものも数多く発売されていますよ。

(2)アウトバストリートメントで髪を保護しましょう

傷んだ髪ほど紫外線の影響を受けやすくなります。アウトバストリートメントや植物オイルなどで髪を保護すると、紫外線ダメージを軽減する事ができます。

(3)髪の分け目を変えましょう

毎日同じ分け目だと、その部分だけに紫外線が多く当たります。気が付くと分け目が薄くなっていたなんてことに…。特に夏場は、髪の分け目をチェンジするように心がけましょう。また、頭皮用エッセンスなどで保湿する事も大切です。

美しい髪を育むには日々の積み重ねが大切です。夏にきちんとケアするか、しないかで秋に大きく差がでてしまいます。お肌と同様に髪もしっかりUV対策を心がけましょうね。

(毛髪診断士/美容家 齊藤あき
美肌・美髪専門店「ティナロッサ」オーナー。東洋医学やアロマラピーなどの豊富な知識も取り入れ延べ3万人以上もの施術やアドバイスを行う。講師や執筆活動など幅広く活躍中。)

【関連記事】
髪のボリュームにハッとしたら…すぐに始められる「薄毛対策」
白髪を上手に隠す!40代の「ハーフアップ&ポニーテール」
髪のダメージが悪化!?ゴワつきを招く「NGヘアドライ」
ボブでも華やかヘアに!ゴム1本でできるヘアアレンジまとめ

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら