つやプラ

つやっときらめく美をプラス

丸大豆とひき割り、どう違う?プロが教える「納豆」ガイド

美養フードクリエイター
岩田 まなみ

日本の発酵食品の代表ともいえる「納豆」。納豆は、大豆由来の栄養に加え、納豆菌による発酵過程で生まれる栄養も含まれた、腸内環境美化に役立つ食品です。

納豆売り場には、たくさんの納豆が並べられていて、納豆の人気をうかがうことができます。どれも同じに見える納豆ですが、いくつかの種類があります。

丸大豆とひき割り、どう違う?プロが教える「納豆」ガイド

健康と美容に役立つ食スタイルを提案して15年、美養フードクリエイターである筆者が、さまざまな納豆とその違いをご紹介します。毎日飽きずに納豆を続けるためにも、いろいろな納豆を取り入れてみましょう。

■どれを選ぶ?納豆の違い

(1)丸大豆納豆

黒豆納豆はポリフェノールが◎!知って楽しむ「納豆の種類」 (1)丸大豆納豆

一般的な納豆のほとんどが、大豆を丸ごとそのまま使った丸大豆納豆です。

匂いが少ないもの、ネバリが少ないものなど風味の違いがあるのは、納豆菌の違いによるものです。ですが、栄養価はさほど変わりませんので、お好みの風味の納豆を選びましょう。

(2)黒豆納豆

黒豆納豆はポリフェノールが◎!知って楽しむ「納豆の種類」 (2)黒豆納豆

大豆ではなく、黒豆を使ってつくった納豆です。

大豆の納豆より歯ごたえがあり、納豆臭も弱く食べやすい納豆です。黒豆を丸ごと使っていますから、黒豆由来のポリフェノールも摂ることができます。

(3)ひき割り納豆

黒豆納豆はポリフェノールが◎!知って楽しむ「納豆の種類」 (3)ひき割り納豆

臼で小さく砕いた大豆と納豆菌を発酵させて作られた納豆がひき割り納豆です。

大豆の皮が使用されていないため、食物繊維量は丸大豆納豆より少ないのですが、小さな粒に納豆菌がついて発酵しているため、発酵が早く、発酵過程で生れるビタミン類が多い、消化が良いなどのメリットがあります。

(4)ドライ納豆

黒豆納豆はポリフェノールが◎!知って楽しむ「納豆の種類」 (4)ドライ納豆

一般的な納豆と、見た目も風味も違うのがドライ納豆です。天日干しフリーズドライなどいくつかの製法があります。

納豆菌は熱や乾燥に強いため、ドライ納豆であっても納豆菌をとることができます。

天日干しのドライ納豆は、硬い歯ごたえがあります。フリーズドライ納豆は、サクサクと軽い歯ごたえでナッツのようです。どちらも、そのまま食べたり、ご飯にかけたり、サラダのトッピング、冷奴の薬味などお料理にも使うことができます。乾いているため、納豆独特のネバリも少ないですから、納豆が苦手という方にも食べやすいのが特長です。

発酵食品は、毎日続けることで腸内環境に良い影響を与えます。お好みの納豆を見つけて、毎日美味しく納豆を続けたいですね。

(美養フードクリエイター・中医薬膳師 岩田まなみ
料理教室Manami’s Kitchen主宰。パリのEcole Ritz Escoffierにてフランス料理を学びDiploma取得、本草薬膳学院にて薬膳を学び、中医薬膳師の資格を取得。健康リズムカウンセラー、味覚カウンセラー(スタンダード)。自著「ベジフル発酵ジュースとレシピ」(2018年・日東書院本社)、「ヤセ菌が増えて太らない食べ方」(2016年・自由国民社)。コラム執筆、雑誌、TVなど多数のメディア出演実績がある。)

【関連記事】
40代からの腸活に◎!「毎日食べたいフルーツ」3つ
腸活のために毎日食べたい!簡単「作りおきレシピ」3つ
腸活のキホン!美容家が毎日食べている「発酵食品」3つ
肉食続きで汚肌に!?つや肌作りに◎な「食べるべきもの」

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら