つやプラ

つやっときらめく美をプラス

うっかり日焼けはもう卒業!後悔しないためのUV対策

美容ライター
古賀令奈

プロフィール画像_古賀 令奈

毎年うっかり日焼けをしてしまうという方は、紫外線対策に問題があるかもしれません。

コスメコンシェルジュの筆者が、後悔しないための紫外線対策を3つご紹介します。

うっかり日焼けはもう卒業!後悔しないためのUV対策

■日焼け止めは2〜3時間おきに塗り直し

「日焼け止めを朝塗ってから塗り直しはしない」という方が多いかもしれません。日焼け止め本来の効果を発揮させるには、2〜3時間ごとの塗り直しが必要です。

たとえ高数値の日焼け止めであっても汗や摩擦で落ちてしまうため、塗り直しは欠かせません。メイクの上からでも塗り直しができる「パウダータイプ」や「スプレータイプ」の日焼け止めを持参しておくと便利ですよ。

■「首」「あごの下」「耳の裏」は、盲点になりがち

日焼け止めを塗る時の基本は、全体的にムラなく塗ることです。

盲点になりやすい首、あごの下、耳の裏も忘れずに塗りましょう。これらは帽子や日傘などで対策がしにくく、紫外線の影響を受けやすい部位でもあります。細部まで丁寧に塗り込んでおくことで、シミ発生の予防につながるでしょう。

■紫外線対策には、パウダーファンデーションが活躍

さっと外出したい時にメイクの上から紫外線対策をする場合は、パウダーファンデーションが活躍します。パウダーファンデーションは紫外線ブロック効果が高く、厚塗り感もでないので夏場に持っておくと紫外線対策に差がつくでしょう。

夏の終わりに後悔するかどうかは、知識と意識で差がつきます。紫外線対策の正しい知識とこまやかな意識で、美しい肌をキープしましょう!

(コスメコンシェルジュ 古賀令奈
美容・ヘルスケアを中心として「わかりやすく試しやすい」をコンセプトに執筆。日本化粧品検定1級コスメコンシェルジュを取得し、美容法の提案活動も展開。)

【関連記事】
カバー力抜群!透明感キープに◎な「シミ隠しテクニック」
老け見えシワの元!「目元の乾燥」が加速するNG習慣4つ
「首のシワ」を予防!今すぐ始めたい「首シワ対策」3つ
たるみ頬リフトアップ!「ほうれい線にサヨナラ」する顔ヨガまとめ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら