つやプラ

つやっときらめく美をプラス

いつもの化粧水がしみる?「冬の終わりの揺らぎ肌」対処法

ヘアメイク
mayu3

いつも使っていたスキンケアが、冬になるとなぜかしみるようになったという経験はありませんか? それは、ライフスタイルが原因となっている場合があります。

化粧水が肌にしみる!?プロが教える冬のスキンケア法

ヘアメイクやコスメコンシェルジュインストラクターのプロとして年齢に合わせた美を提案する筆者が、いつものスキンケアが合わなくなった時の対処法をご紹介します。

■冬の肌事情

肌の状態は季節によって変化する場合があります。特に冬は一番気温が低くなるので、暖房がきいた室内にいることも増え、お風呂の湯温も高くなるでしょう。

それによって肌が乾燥しやすく、ほかの季節より敏感肌になる方も多くなります。

■いつものスキンケアが合わなくなった時の対処法

(1)洗顔時の湯温に気をつける

冬になると、お風呂の湯温を高くする人もいますよね。顔も身体と同じ湯温で洗顔していると、肌がもともと持っているうるおい成分まで洗い流してしまうことがあります。

顔の皮膚は一番薄いので、身体と同じ湯温で洗顔してしまうと、肌が過乾燥の状態になり、うるおいを保持する力も弱くなります。冬は、32度〜35度のぬるま湯で洗顔するように意識しましょう。

(2)クレンジングやメイクを見直す

オイルクレンジングは洗浄力が高く、W洗顔が必要になるものが多いので、肌を乾燥させやすい傾向があります。肌のうるおい成分が少なくなると、乾燥を助長します。そのため、冬はオイルクレンジングをさけたいものです。

乾燥がひどいと感じる時は、クレンジングやメイクアイテムも肌にやさしいものに変えることをおすすめします。「アイメイクや口紅だけは落ちにくい化粧品を使いたい!」という方は、ベースメイクだけでも石鹸で落とせるミネラル化粧品に変えましょう。

(3)敏感な時ほどスキンケアはシンプルにする

私たちの肌には、外的刺激から肌を守るバリア機能がそなわっていますが、肌の乾燥が進むとその機能が弱まります。それによって化粧品に含まれる防腐剤に敏感になったり、肌をケアするはずの美容成分に、肌がびっくりしてしまうことがあります。

風邪を引いた時に消化のいいお粥を食べるように、肌が弱っている時は肌のトラブルを沈静するものをつけることが大切です。防腐剤や美容成分が入っていないバームを洗顔後につけると、肌に比較的刺激を与えずにケアすることができます。

いつものスキンケアで刺激を感じる時は、肌がSOSを発信している状態です。無意識のうちにやっていることが、かえって肌を敏感にさせている可能性がありますので、この機会に自分の生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。

(ヘアメイク/美容講師/コスメコンシェルジュ/ライター/美容師 mayu3
ヘアメイク、美容講師、コスメコンシェルジュインストラクター、ライターなどマルチに活動。ヘアメイクでは、企業から一般撮影、PV撮影に携わり、撮影会のイベントで全国をまわっている。)

【関連記事】
見直すなら今!乾燥を招く「やってはいけないNGスキンケア」
潤いそのままに汚れをオフする「クレンジングバーム」3選
ゴワついたお尻は下着が原因!?つるつるヒップに導くケア
すすぎ30回で毛穴が目立たなく?たるみ毛穴を改善する洗顔法

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら