つやプラ

つやっときらめく美をプラス

季節問わず体が冷える!?体を冷やさないための生活習慣

管理栄養士
やなぎさわ えりな

手足が冷えやすいという方は多いと思います。年齢を重ねるにつれて「季節問わずに手足が冷える」「手足だけでなく、おなかやお尻周辺も冷たい」と、お悩みの方もいらっしゃるでしょう。

季節問わず体が冷える!?体を冷やさないための生活習慣

管理栄養士の筆者が、冷え対策のための生活習慣をご紹介します。

■「冷え」とは

手や足等の四肢末端等が温まらず、冷えているような感覚がある方は要注意です。下記のような自覚症状がある場合は生活習慣を見直しましょう。

・季節問わず手足が冷えている

・しもやけになりやすい

・布団、お風呂に入っても身体が冷える

・なんだかいつもだるい

・便秘や下痢になりがち

・痩せにくい

■冷え対策のための生活習慣3つ

(1)常温、または温かいものを摂取する

目を覚ましたい時や仕事で忙しかったりすると、つい冷たいものを摂取しがちですが、それは体内から冷えを誘発するようなものです。冷えは身体の表面だけでなく、身体の中の内臓を温めることも大切です。

季節問わず、常温のものや暖かいものを摂取するように心がけましょう

(2)ストレスをためない

ストレスがたまり自律神経が乱れると、手足の血管の収縮がスムーズに行いにくくなることがあります。

自律神経は、内臓や血管などの働きを一定に保つ働きがあります。自律神経が乱れると全体のバランスが崩れやすくなります。そうすると、内臓に血液がスムーズに運ばれなくなり、冷えの原因につながります。

また、ストレスがたまると「ビタミンC」が浪費されやすいため、果物や野菜から積極的にビタミンCを摂取することも大切です。ストレスはためずに、発散していきましょう!

(3)薄着や身体を締めつける洋服は控える

寒い日も薄着でいる方がいますが、薄着は身体を冷やしやすいため、身体を温める服装を心がけましょう

また、スタイルが細く見えるように締めつけの強い服や下着をつけると、血流がとどこおり、冷えの原因につながります。自分の体型に合った服や下着を身につけましょう

「冷えは万病のもと」といわれます。放っておいていいことではありません。冷えに悩まされない身体を目指しましょう。

(管理栄養士/おやこ食育プランナー/美食ライフプランナー やなぎさわえりな
「すべての女性は美しい」をモットーに「食べる」ことを通して自分らしく育児も自分磨きも楽しむメソッドを提案。)

【関連記事】
身近な野菜だから腸活が続く!毎日食べたい美腸に導く野菜
山芋で若返りホルモンDHEAが増加?DHEAを増やす生活習慣
肌老化がゆるやかに?毎日飲みたい抗酸化作用が高いお茶3選
豆乳はどれも同じ?目的に合わせて選びたい豆乳の種類&効果

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら