つやプラ

つやっときらめく美をプラス

春野菜はデトックス効果大?体調管理におすすめの春野菜3つ

管理栄養士
今井尚美

例年より早く桜が開花し、春真っ盛りです。スーパーにも、旬の春野菜がたくさん並んでいますね。

春野菜は独特の苦味があるものが多く、クセになる美味しさがあります。老廃物を排出するデトックス効果が期待できる野菜も多いため、冬に溜め込んだ不調を春野菜で吹き飛ばしましょう。

不調を寄せつけない体作りに!体調管理におすすめの春野菜

管理栄養士の筆者が、春の体調管理におすすめの野菜を3つご紹介します。

■「春の体調管理におすすめの野菜」3つ

(1)たけのこ

食感もよく、天ぷらや煮物、炊き込みご飯など、幅広い調理で楽しむことができます。「食物繊維」が豊富なので、便秘改善にもおすすめです。

また、「カリウム」も豊富に含まれているため、むくみやすい人にも積極的に食べていただきたい食材です。

カリウムの働き

カリウムには、身体の中にある余分な水分を、外に出す働きがあります。そのため、むくみ改善が期待できます。

「立ちっぱなしの仕事で足がむくみやすい」「生理前にむくみやすい」という人には、たけのこをおすすめします。

(2)菜の花

菜の花は、お浸しやパスタに入れることができる美味しい野菜です。独特の苦味も、魅力ですよね。

菜の花には「硫黄化合物」という成分が含まれているので、デトックス効果が期待できます。

硫黄化合物とは

菜の花の先端には、硫黄化合物「グルコシノレート」という成分が含まれています。肝臓の解毒作用を活発にする“イソチオシアネート”のもとになる成分です。菜の花の独特の苦味成分は、硫黄化合物であるといわれています。

肝臓は身体にある毒を毒性の低い物質に変えて排泄するという働きがあるため、肝臓をいたわることはデトックスにもつながります。菜の花にも「カリウム」や「食物繊維」が含まれているので、むくみ改善や便秘対策にもおすすめです。

(3)春キャベツ

みずみずしく、やさしい甘みが特徴的な春キャベツは、「食物繊維」が豊富なので腸内環境を整えてくれます。

ビタミンC」も含まれているので、抗酸化作用で美肌効果も期待できますよ。

キャベツに含まれる食物繊維とは

キャベツには、「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」が豊富に含まれています。水溶性食物繊維は、腸内で善玉菌のエサとなり、不溶性食物繊維は便をカサ増しして便通を良くします

春キャベツを食べて、デトックス&すっきりお腹を目指しましょう。

春は、美容に嬉しい働きが期待できる野菜がたくさんあります。気候がいい日も多いですし、心も身体もすっきりと過ごしたいですよね。ぜひ、春野菜を手にとってみてくださいね。

(フリーランス管理栄養士 今井尚美
「根拠のある情報を」「体の内側から美しく」がモットー。健康や美容に関する記事執筆や相談業務などフリーで活動中。糖尿病療養指導士、ピンクリボンアドバイザーの資格有。現在はサプリメント管理士の資格取得中。)

【関連記事】
便秘もむくみもすっきり?管理栄養士がバナナを勧める理由3つ
食で免疫力を高めて健やかな春を!プロ直伝の身近な薬膳食材
切り干し大根で腸活!そのまま漬けるだけ作り置きレシピ
ココアでむくみスッキリ!?「ココア」の美容に嬉しい効果

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら