つやプラ

つやっときらめく美をプラス

新陳代謝をUPして冷えもケア!「山椒の葉」で春の不調対策

管理栄養士
今井尚美

4~5月に旬をむかえる「山椒の葉」は味のアクセントにもなりますが、胃腸がお疲れ気味の方や冷えやすい方にもおすすめの食材です。

減塩効果でむくみ知らず!?春の不調対策に◎「山椒」の魅力

管理栄養士の筆者が、山椒の栄養成分についてご紹介します。

■山椒の栄養成分「サンショオール」

山椒のピリッとした辛さは「サンショオール」という成分です。サンショオールには、さまざまな健康効果があるため、春の不調対策にもおすすめですよ。

(1)胃腸疲れのケアに

「サンショオール」は、胃や腸などの内臓の働きを活発にするといわれています。そのため、消化不良で不快な状態を和らげるといわれています。

胃腸の機能が低下すると代謝が悪くなりやすいため、肌荒れや冷えにもつながりかねません。飲み会が増えて胃腸が疲れた時には、山椒がおすすめですよ。

(2)新陳代謝UP

「サンショオール」には、新陳代謝を活発にする働きもあるといわれています。代謝が活発になると、ダイエットにも嬉しい効果が期待できます。

また、身体を冷えにくくするともいわれています。冷えというと冬のイメージがありますが、春は自律神経系が乱れやすく、冷えを感じる場合もあります。

春にもしっかり冷え対策をしていきましょう。

(3)減塩効果

山椒の独特の風味やピリ辛さがアクセントとなり、塩分を減らすことができます。

塩分を摂りすぎると、血圧が上がる場合もあります。また、体内に水分を溜め込みやすくなり、むくみの原因にもつながります。

デスクワークで足がむくみやすい人や、生理前にむくみやすい人は、山椒を試してみてはいかがでしょうか。

■意外と簡単?山椒の活用法

山椒が身体に良いと知っていても、「どう使えばいいのかわからない」という人もいると思います。以下の山椒活用法は簡単にできるものばかりです。参考にしてください。

ふりかけ

山椒の葉をしらすと一緒にごま油で炒めて、水分がとんだら完成です。ふりかけにして召し上がってください。

パスタ

山椒の葉をたけのこと一緒に炒めて、和風パスタにすると美味しいですよ。

山椒味噌

砂糖、味噌、みりんを加熱し、刻んだ山椒の葉を加えると、どんな料理にも合う調味料に仕上がります。

山椒は、慣れないと料理に活用しにくい印象がありますが、その独特な風味や辛味をいかせばどんな料理にでも使えます。

山椒の葉は春が旬ですが、実を粉にした粉山椒は秋に旬を迎えます。多くの季節で山椒を楽しめるのも嬉しいポイントです。ぜひ、春には山椒の葉をお手にとってみてください。

(フリーランス管理栄養士 今井尚美
「根拠のある情報を」「体の内側から美しく」がモットー。健康や美容に関する記事執筆や相談業務などフリーで活動中。糖尿病療養指導士、ピンクリボンアドバイザーの資格有。現在はサプリメント管理士の資格取得中。)

【関連記事】
便秘もむくみもすっきり?管理栄養士がバナナを勧める理由3つ
食で免疫力を高めて健やかな春を!プロ直伝の身近な薬膳食材
切り干し大根で腸活!そのまま漬けるだけ作り置きレシピ
ココアでむくみスッキリ!?「ココア」の美容に嬉しい効果

【参考】
山椒 成分情報 – わかさ生活
減塩を目的とした山椒による塩味増強作用の検討 – 日本家政学会

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら