つやプラ

つやっときらめく美をプラス

パサパサ髪がツヤ髪に!?美髪作りに欠かせない栄養素&食材

管理栄養士
今井尚美

「カラーやパーマを繰り返していると、髪が傷んでパサつく」とお悩みの人もいらっしゃるのではないでしょうか?

髪が傷んでいたりパサついた状態だったりすると、ヘアスタイルがきまらないだけでなく、年齢よりも老けて見えるというデメリットがありますよね。

美髪作りも食事から!ツヤ髪を育むために摂りたい3大栄養素

管理栄養士の筆者が、そんな髪のお悩み改善のために、栄養の観点から対策方法をご紹介します。

■美髪づくりのための3大栄養素

(1)メチオニン

美髪づくりに欠かせない成分が「L-シスチン」です。L-シスチンはアミノ酸の一種で、髪を丈夫にするために必要なたんぱく質の成分となっています。

必須アミノ酸である「メチオニン」が材料となり、さまざまな過程をへて体内でつくられます。したがって、メチオニンを摂取することが、L-シスチンの補給にもなります

また、L-シスチンが不足すると、抜け毛の原因にもつながってしまいます。牛肉や羊肉、鶏肉、かつお、鮭などの動物性たんぱく質に多く含まれているため、「野菜中心」の生活である人は、これらを意識して摂取してみてくださいね。

(2)ビタミンE

「ビタミンE」は毛細血管を広げて血流を良くしてくれるため、細胞の新陳代謝が活発になります。その結果、髪にも栄養素が行き渡りやすくなります。

また、老化を促進するとされる活性酸素も、髪を育てる細胞にダメージを与えるため、美髪づくりには酸化対策も大切です。ビタミンEは、かぼちゃやアボカド、ナッツ類などに多く含まれていますが、「ビタミンA」や「ビタミンC」と一緒に摂取すると抗酸化作用がアップするといわれています。

ビタミンAは人参やほうれん草に、ビタミンCはブロッコリーやじゃがいも、果物類に含まれています。

手っ取り早くビタミンA・C・Eを摂取するには

手っ取り早くビタミンA・ビタミンC・ビタミンEを摂取するには、「具沢山サラダ」や「具沢山みそ汁」がおすすめです。

「アボカド(ビタミンE)×人参(ビタミンA)×ブロッコリー(ビタミンC)のサラダ」など、3つのビタミンを意識すると良いですよ。

(3)亜鉛

「亜鉛」は、髪の主成分であるたんぱく質の合成に関わる栄養素です。亜鉛が不足していると、ハリやツヤのある新しい髪が作られにくくなります。また、抜け毛の原因にもつながってしまいます。

亜鉛は微量ミネラルのなかでも不足しやすいといわれているため、髪の毛の傷みやパサつきが気になる場合は、意識して摂取するようにしましょう。

牡蠣やほたてなどの魚介類や、納豆、卵に含まれていますが、ビタミンCと一緒に摂取すると吸収されやすくなりますよ。牡蠣やほたてにレモンを絞ってかけるなど、食べ方を工夫することで吸収率を上げられます。

肌のケアをしていても、髪の毛のケアは後回しにしがちではありませんか? ぜひ、美髪づくりに必要な栄養素を意識してみてください。

(フリーランス管理栄養士 今井 尚美)

 

【関連記事】
スタイル抜群な「奇跡の70歳」が実践!痩せるおかずのルール
間食で暴食予防?不足しがちな栄養を補う間食におすすめ食材
20キロ減量ライター直伝!夏までに痩せる「食事の見直し方」
ちょい足しで栄養価UP!トマトの美肌効果を高める食べ方

【参考】
髪の構造 – 花王
ヘアケアガイド – パシフィックプロダクツ
亜鉛 – わかさ生活
L-シスチン – わかさ生活
L-シスチン (シスチン) とは? – バイエル薬品
髪の毛はどうやって構成されている? – アルファウェイ

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら