つやプラ

つやっときらめく美をプラス

蒸れ・乾燥・摩擦を徹底ケア!マスク肌荒れを予防する方法

コスメコンシェルジュ
稲毛登志子

マスク必須の生活が続いていますが、肌荒れで悩む人が多いようです。少しの外出でもマスクは手放せないですが、できることなら肌荒れはしたくないですよね。

マスクの着脱が原因!?マスクによる肌悩みの対策方法

コスメコンシェルジュの筆者が、どうしてマスクをつけていると肌トラブルが起きてしまうのか、そしてその対策法についてご説明します

■マスクによる肌荒れ

マスクをつけている時間が増えたことで、肌荒れや不快な症状に悩む人が増えています。なぜマスクをつけると肌トラブルが起きるのでしょうか?

その原因に、「蒸れ」「乾燥」「こすれ」が挙げられます。

蒸れ

マスクをつけて呼吸をしたり会話をすると、呼気中に含まれる水分がマスク内に充満します。マスク内の湿度が高くなると、ニキビができる原因の一つである雑菌が繁殖して、肌荒れにつながる場合があります

乾燥

マスク内の湿度が高いのに、肌がカサカサするのは不思議ですよね。

マスクをとった直後の肌には水分がたくさんついていますが、外気に触れた途端、一気に蒸発してしまいます。そのため、肌は乾燥状態となります。

こすれ

日常生活でマスクをずっとつけっぱなしにしていることはまずないと思います。

一日に何度もマスクをつけ外ししていると、肌の同じ部分がこすれてしまい、湿疹やかゆみの原因になる場合があります

■マスクによる肌荒れの対策方法

マスクをつけている時

マスクをつけている時は、以下の対策方法を行ってみてください。

・こまめに汗や湿気を拭く

・メイク直しの時に水分と油分をおぎなう

・いつもこすれる場所にワセリンを薄く塗っておく

・不織布のマスクが合わない場合は、ガーゼマスクに変えてみる

不織布のマスクは化学繊維で作られているため、肌に刺激を感じる人もいます。そんな時はマスクの素材を変えて、肌の様子を観察してみてください

マスクを外した後

肌トラブルが起きている時は、肌のバリア機能が弱くなっている可能性があります。

クレンジングや洗顔ではこすらないように注意して、やさしく汚れを落としてください。その後のスキンケアは、低刺激性のアイテムを使うようにしましょう。

ストレスを感じたらこまめに発散し、睡眠や食事のバランスにも気を配って、身体の内側からメンテナンスをすることも大切です。

マスク生活は肌にとって過酷ですが、肌トラブルが起きないように気をつけて過ごしましょう。

(美容ライター/コスメコンシェルジュ/ナチュラルビューティスタイリスト 稲毛 登志子)

 

【関連記事】
マスク肌荒れを防ぐ!皮膚科医が教えるマスクとの付き合い方
資生堂エリクシールのしわ改善クリームの効果とは?[PR]
背中ニキビの原因は?薄着の季節目前!体のニキビのケア法
ノースリーブの季節までに!ボディの黒ずみケアコスメ3選

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら