つやプラ

つやっときらめく美をプラス

できてる?ダイエット効果グンとUP「ウォーキング」コツ4つ


三浦 絵里子

2014-11-11-00-00-18_deco

健康や美容のために、運動は何をするのがベスト? そう思っているアラフォー女性は多いはず。しかし、運動のために時間を割くことができない、という意見も。ならば日常生活で行うことを運動の機会と捉えてみてはいかがでしょうか。「歩く」ことは誰しもが毎日行うことであり、始めるのにお金もかかりません。しっかりコツを掴んで歩くことで、驚くほど効果はアップしますよ。

AB138289100

効果がぐ〜んとアップ!ウォーキングのコツ4つ

遠くを見て「早歩き」をする

せっかくのウォーキングもダラダラ歩いていては時間のムダ。ゆったり歩きは自分の体重を地面にとどめておく時間が長くなるため、効率が落ちてしまいます。できるだけ遠くを見て歩くと、膝が伸びて元気に歩けるようになりますよ!

 

大股歩きでヒップアップ!

ウォーキングを効果的に行うには、歩幅も大きなポイントになります。歩幅を大きく広げることで身体の中の一番大きい筋肉である「大臀筋」(お尻の筋肉)が鍛えられるので、ヒップアップに貢献します。

 

チェック!正しい姿勢を保とう

歩くときの姿勢は自分が一番気持ち良く歩けるようであれば良いのですが、基本姿勢は心得ておきたいもの。ポイントは胸を張って顔を上げ、耳が肩の線より前に行かないようにすること。顎を少し引いて視線を少し上げると、より気持ち良く歩くことができます。

 

かかとで着地し、つま先で蹴る

着地は踵から入り、足裏全体に体重をのせて、つま先に体重を移動させ、つま先で地面を蹴るようにするのがベスト。足首の筋力がないと、親指ではなく小指側で着地することになるので、歩くたびに身体が左右に揺れて効率が悪くなります。

運動に時間を割けないのであれば、日常生活をいかにアクロバティックに過ごすかが大切。今日の一歩が未来のあなたを作ります。ぜひ意識してみてくださいね。
(ホリスティックビューティインストラクターEriko)

【関連記事】
痩せなくなったら試してみて!ダイエットの近道は「お腹周りのツボ」

【参考】
※平石貴久著(2008)『筋トレ以前のからだの常識』(講談社)

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

見た目年齢−7歳!?雪のような美肌に導く「Cゾーン」ケアって?

美意識が高い人ほど、自分の肌に次々と現れるエイジングサインが気になり、それに対するケアに終始しがちです。けれど実際に見た目年齢を左右するのは、ひとつひとつの「ポイント」ではなく、「ゾーン」なのです。 …

  • 40代
  • 紫外線

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら