つやプラ

つやっときらめく美をプラス

クビレ復活!?身体スッキリ「3分ごろ寝ストレッチ」

エクササイズディレクター
森和世

朝の風が心地いい季節になってきました。「あと、5分だけ」と、目覚まし時計を止めて二度寝してしまった経験はありませんか?

クビレ復活!?身体スッキリ「3分ごろ寝ストレッチ」

Yogaエクササイズディレクターの筆者が毎朝実践している、朝からシャキっと動ぐための「ベッドで3分ストレッチ」をご紹介します。

■深層筋ストレッチで目覚めすっきり

普段の猫背姿勢や腹筋力の低下から内臓は下垂しやすく、肋骨に押されて動きが悪くなりがちです。その結果、寸胴・ぽっこりお腹・消化不良・便秘・冷え・むくみ・痩せにくいといった原因につながります。

今回ご紹介するストレッチは、”コアマッスル”と呼ばれる「腹横筋(お腹の筋肉)」や「多裂筋(背中側の筋肉)」「横隔膜」を呼吸とともにストレッチして筋肉を目覚めさせ、朝から動ける身体を目指します。動作のポイントは、お臍から身体をゆらして身体を縦に細長く伸ばすイメージで行うことです。

ウエストのクビレが欲しい人は、特に腰骨から肋骨の間のスペースを縦に長く保つイメージで実践してください。毎朝の習慣にすると、きれいなウエストも手に入るはずです。

期待できる効果

・頭や身体がスッキリする

・むくみ、冷え、便秘解消

・肩こり、軽い腰痛、ストレスの軽減

・基礎代謝アップ効果

実践回数&期間

毎朝、3分実践してください。

「ベッドで3分ストレッチ」のやり方

仰向けになり両手を頭の下で組みます。一度大きく伸びをして、身体のつまりを解消させましょう。そして、お腹から身体をゆらしながらかかとを押し出し、手のひらを押し上げて全身を伸ばします

(1)仰向けになり両手を頭の下で組みます。一度大きく伸びをして、身体のつまりを解消させましょう。そして、お腹から身体をゆらしながらかかとを押し出し、手のひらを押し上げて全身を伸ばします。

右足を左足の上に乗せ、上半身を右側に伸ばします。一度、吸う息でかかとを押し出し、腹斜筋を伸ばします。目線を斜め右方向に向けると、左首筋も伸びてストレッチ効果が高まります

(2)右足を左足の上に乗せ、上半身を右側に伸ばします。一度、吸う息でかかとを押し出し、腹斜筋を伸ばします。目線を斜め右方向に向けると、左首筋も伸びてストレッチ効果が高まります。

そのまま30秒ほどゆっくりと呼吸を繰り返します。

正面に戻り、反対側も同様に動作してください。手足をほどき、身体をゆらゆらとゆらしながら(栄養素を含んだ新鮮な血液が身体のすみずみに流れるイメージ)、3回深呼吸をします。目をパッチリと開いて、動きだしましょう

(3)正面に戻り、反対側も同様に動作してください。手足をほどき、身体をゆらゆらとゆらしながら(栄養素を含んだ新鮮な血液が身体のすみずみに流れるイメージ)、3回深呼吸をします。目をパッチリと開いて、動きだしましょう。

「毎朝、寝起きがよくない」という方も、このストレッチを実践すれば目覚めがよくなり、気持ちも前向きになってくるはずです。目が覚めたら、ストレッチを習慣にしてみてくださいね。

(株式会社ボディクエスト YOGAエクササイズディレクター 森 和世)

 

【関連記事】
ついつい糖質過多に?ダイエット中にNGな飲み物ワースト3
ダイエット成功の鍵は睡眠の質?痩せやすい体になる睡眠って
憧れのスタイル美人と過ごして痩せる!痩せ体質になる秘密
【動画あり】脱オバ背中!-5歳の姿勢を作る猫背改善ストレッチ

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら