つやプラ

つやっときらめく美をプラス

心身とも元気回復!若返る!?呼吸を深め血流をUPするヨガ

エクササイズディレクター
森和世

YOGAエクササイズディレクターの筆者が、「寒さによる猫背や肩回りの緊張をほぐしたい」「姿勢の悪さでフェイスラインもバストラインも下がり気味」という人におすすめのヨガポーズをご紹介します。

疲れによるオバ化を食い止める!?寝る前ヨガで全身を整える

■全身を美しく整える「魚のポーズ(マツヤーサナ)」

ご紹介するポーズは、疲れによる老け度合が気になる時のお助けポーズです。顔のシワやむくみ解消、バストアップ、猫背姿勢改善、脚のむくみ改善など、数えきれないほどの効果を感じることができるからです。

ポーズの最大のポイントである”胸を開く動作”を行うことで、「普段の浅い呼吸が深まり血流が良くなる」「身体の隅々に栄養素が流れる」などの効果があります。心身ともに元気が出るはずです。

特に、胸の真ん中にある「胸腺」は、猫背姿勢による胸のつまりや加齢などにより硬くなるといわれています。この胸腺を刺激すると免疫力アップが狙えるといわれているので、今年はマツヤーサナを寝る前の習慣にして、風邪やエイジングに負けない身体作りをしてみてください。

期待できる効果

・全身の疲れ、猫背改善

・肩こり、腰痛改善

・顔のむくみ、シワ改善

・バストアップ

・消化不良や内臓の疲れ改善

・呼吸が深まりリラックス効果を感じる

注意する点

首や肩、肘を痛めている人は、無理のないように実践してください。

実践回数&期間

疲れやストレスを感じた時に実践してください。

「魚のポーズ(マツヤーサナ)」のやり方

仰向けになり、手をお尻の下に敷きます。手のひらは床につけ、両手の親指が重なるほど近づけると、肩甲骨が引き寄せられて自然と胸が開き、鳩胸の状態になります

(1)仰向けになり、手をお尻の下に敷きます。手のひらを床につけて両手の親指が重なるほど近づけると、肩甲骨が引き寄せられて自然と胸が開き、鳩胸の状態になります。

※首が痛い人やビギナーさんは、ここまででもOKです。

両肘で床を押し、上半身を床からはなします。ゆっくりと頭のてっぺんを床につけ、肘で床を押すよう意識し、首に負担をかけないように注意しましょう

(2)両肘で床を押し、上半身を床からはなします。ゆっくりと頭のてっぺんを床につけ、肘で床を押すよう意識し、首に負担をかけないように注意しましょう。

下あごも天井方向にグッと押し出し、あごのたるみ解消を狙いましょう。かかとを前に押し出し膝裏を伸ばし、脚のむくみ解消も狙います。

目線は眉間の間を見るようにします。そのまま10〜30呼吸キープしたら、肘で床を押して頭を少し持ち上げ、静かに頭を床に戻しましょう。

さらに、脚を組める人は蓮華座を組みましょう。片脚だけでもOKです。両手をお尻の下に敷き、両肘を引き寄せ胸を開きます

(3)さらに、脚を組める人は蓮華座を組みましょう。片脚だけでもOKです。両手をお尻の下に敷き、両肘を引き寄せ胸を開きます。

肘で床を押して胸を開き、あごを押し上げデコルテを引き上げます。そのまま10〜30呼吸ほどキープし、ゆっくり元の位置に戻ります。手足を解いて、そのまま身体の力をゆるめてリラックスしましょう。このまま寝てしまってもOKです

(4)肘で床を押して胸を開き、あごを押し上げデコルテを引き上げます。そのまま10〜30呼吸ほどキープし、ゆっくり元の位置に戻ります。手足を解いて、そのまま身体の力をゆるめてリラックスしましょう。このまま寝てしまってもOKです。

胸を開くと、誰でも気持ちがいいと感じるかと思います。もし、痛みを感じるのであればNGです。両手をお尻の下にしまい込み、胸を開くだけでも良いですよ。ゆっくり深い呼吸ができるご自分のポーズを深めてくださいね。

(株式会社ボディクエスト YOGAエクササイズディレクター 森 和世)

 

【関連記事】
腹筋だけではNG!ポッコリお腹解消に本当に必要なこと3つ
憧れのスタイル美人と過ごして痩せる!痩せ体質になる秘密
ダイエット成功の鍵は睡眠の質?痩せやすい体になる睡眠って
【動画あり】脱オバ背中!-5歳の姿勢を作る猫背改善ストレッチ

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら