つやプラ

つやっときらめく美をプラス

年末年始のおうちごはんに!食べ過ぎを防ぐ身近な食材3つ

国際薬膳調理師
倉口ゆうみ

今年の年末年始は自宅で過ごすことが多くなりそうですね。いつも以上に自炊をする機会が増え「おうちごはんを楽しもう」という人も多いのではないでしょうか。

年末年始の家飲みに!食べ過ぎを防ぐおつまみにおすすめ食材

とはいえ、何も気にせず食べたり飲んだりしたら太ってしまうと心配になりますよね。薬膳のプロである筆者が、おうちごはんにおすすめの、食べすぎ防止に役立つ食材をご紹介します。

■なぜ食べ過ぎてしまうのか?

お腹がいっぱいなはずなのに、もっと食べたいと食欲が止まらない経験は誰しもあると思います。薬膳のベースのになっている中医学(中国伝統医学)では、この状態を「胃熱(いねつ)」といい、胃に熱がこもっていると食欲が止まらないと考えます。

この状態を引き起こす原因として、主に2つのことが挙げられます。

(1)辛い物や揚げ物の食べ過ぎやアルコールの過剰摂取

お酒を飲むと食欲が止まらなくなるという経験があると思います。辛い物や揚げ物、アルコールは胃に熱をうむ食べ物です。

(2)ストレス

ストレスが溜まると身体の巡りが滞りやすく、滞りが生じた部分から熱がうまれて食べたいモードにスイッチが入りやすくなります。

休み期間中は一年のご褒美もかねてパーティーメニューが多くなるため、前者の要因で食べ過ぎてしまうことが多そうですね。そんな時は以下の食材に頼ってみてください。

■食べ過ぎ防止!おうちごはんで使いたい食材3つ

胃に熱がこもっているのならば、その熱を鎮静させる必要があります。冬は寒いので温める食材をとる必要がありますが、時と場合によります。

食欲がある時に生姜やにんにくなどの熱をうみやすいものは控え、クールダウン食材をチョイスしましょう。

(1)トマト

一番おすすめしたいのが「トマト」。食べ過ぎ防止の強い味方になります。

しかし、生で食べるとお腹を冷やしてしまうので加熱していただきましょう

(2)豆腐

食べ過ぎを防ぐうえ、ダイエットの観点から見ても嬉しい食材です。

豆腐ステーキ、湯豆腐、温奴、豆腐サラダなどレシピのバリエーションも広く嬉しいですね。

(3)白菜

食べ過ぎ防止&むくみケアに役立つ食材です。

白菜のお浸し、白菜と豚肉のミルフィーユ鍋、白菜とツナの和えものなど、加熱していただきましょう。

食べ過ぎないようにと思っても、年末年始は気がゆるんでしまうもの。暴飲暴食をして罪悪感にさいなまれないためにも、ご紹介した食材を味方につけて食べ過ぎを防止しましょう。ご紹介した食材はお酒のおつまみにもおすすめなので、家飲みを楽しむ予定の人も是非参考にしてくださいね。

(薬膳ライフバランスプランナー/国際薬膳調理師/コラムニスト 倉口 ゆうみ)

 

【関連記事】
朝の一杯で体ポカポカ!1分で作れる出汁なしで美味しい味噌汁
乾燥が免疫力低下を招く!?体の内側から乾燥をケアする食材
糖質オフの味方!美肌&風邪対策に役立つカリフラワーの魅力
リラックスタイムのお茶で綺麗に!無印良品の「体が喜ぶお茶」

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら