つやプラ

つやっときらめく美をプラス

うつ伏せ3分!ぷよぷよ太ももを引き締める足パカパカエクサ

ヘアメイク
mayu3

これから春先に向けて薄着になる機会が増えます。冬太りのまま春を迎えたくない方のために、ヨガインストラクターの筆者が太ももを引き締めるトレーニングをご紹介します。

太もも

■3分でできる太もも引き締めトレーニング

ご紹介するトレーニングは、足をできるだけ伸ばしてパカパカと開くことがポイントです。足を伸ばすことで太ももに力が入りやすくなるので、シェイプアップに効果的です。

足が伸びづらい時は、開く時に足裏で壁を押すように足裏をフレックス(足首を直角に曲げる)にすると良いでしょう。こうすることで、膝が伸びきらなくても太ももに力が入りやすくなります。

注意点

足を高く上げることを意識し過ぎてしまうと、腰が反りすぎている場合があります。腰痛の原因にもつながってしまいますので、無理のない程度に上げましょう。

「太ももを引き締めるトレーニング」のやり方

マットにうつ伏せになり、足を伸ばします。肘を曲げて手を重ね、その上に頭をのせます。おでこを手にのせてもかまいませんし、顔を横向きにして手にのせてもOKです。ご自身がラクな方を選んでください

(1)マットにうつ伏せになり、足を伸ばします。肘を曲げて手を重ね、その上に頭をのせます。おでこを手にのせてもかまいませんし、顔を横向きにして手にのせてもOKです。ご自身がラクな方を選んでください。

上げられる高さまで足をマットから浮かせ、腰幅程度に脚を開きます。お腹と骨盤でマットを押すようにすると足が上がりやすいです

(2)上げられる高さまで足をマットから浮かせ、腰幅程度に脚を開きます。お腹と骨盤でマットを押すようにすると足が上がりやすいです。

両足をパカパカと開きます。腰幅程度に開き、閉める時は足をぴったりとくっつけてください。この動作を40秒間繰り返します。足裏をフレックスの状態にすると、太ももの裏側の「ハムストリングス」や太ももの内側の「内転筋」を鍛えることができます

(3)両足をパカパカと開きます。腰幅程度に開き、閉める時は足をぴったりとくっつけてください。この動作を40秒間繰り返します。足裏をフレックスの状態にすると、太ももの裏側の「ハムストリングス」や太ももの内側の「内転筋」を鍛えることができます。

1秒間ごとに、脚を開いて閉じるを繰り返します。余裕があれば、早めのテンポで行いましょう。40秒間できたら、20秒間休みます。この動きを3セット行いましょう。

週に3回行うだけでも太もも周りのシェイプアップに効果的なので、ぜひ習慣にしてみてください。

(ヘアメイク/美容講師/美容ユーチューバー/ライター/美容師/メディカル美容矯正士/コスメ薬事法管理者 mayu3)

 

【関連記事】
ゴツい太ももの原因は股関節?下半身が軽くなる1分ストレッチ
パワーアップしたドモホルンリンクルを3週間実際に使ってみた結果[PR]
下半身の衰えがおば体型を招く!下半身弱体化を招くNG習慣
“冷え尻”は太りやすい!?腰まわりのほぐし方

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら