つやプラ

つやっときらめく美をプラス

太ってないのにお腹が出る?お腹を凹ませるストレッチ

パーソナルトレーナー・オンラインダイエットコーチ
藤本千晶

40・50代の方は、体型の変化にお悩みをもつ人が多いのではないでしょうか? 特に、40歳を超えると体重に大きな変化がなくとも少しずつ体型の変化を感じると思います。

そのなかでも最も多いお悩みのひとつが“お腹まわり”ですよね。「体重は変わらないのに気づいたらお腹まわりの脂肪が増えていた」という方は非常に多くいらっしゃいます。

お腹まわり 脂肪

体型改善の専門家であるパーソナルトレーナーの筆者が、お腹まわりをすっきりさせるストレッチをご紹介します。

■なぜ、お腹の脂肪が目立つの?

お腹の脂肪が目立つ大きな原因のひとつに、お腹周りの筋肉(特に、両脇腹にある筋肉)が固くなることが挙げられます。両脇腹にある筋肉は「腹斜筋」と呼ばれる筋肉で、身体をひねったり左右のバランスを維持するために使われる筋肉です

お腹の脂肪が目立つ大きな原因のひとつに、お腹まわりの筋肉(特に、両脇腹にある筋肉)が固くなることが挙げられます。両脇腹にある筋肉は「腹斜筋」と呼ばれる筋肉で、身体をひねったり左右のバランスを維持するために使われる筋肉です。

ただし、日常で身体を大きくひねったりすることは少ないですし、左右バランスを維持している時は筋肉は伸ばされず、ずっと同じ長さのままです。ですから、この両脇腹の筋肉は意識してストレッチをしなければ固くなりやすい筋肉なのです。

腹斜筋が固くなるとお腹の脂肪が目立つ理由

では、なぜ腹斜筋が固くなるとお腹まわりの脂肪が目立つようになるのでしょうか? それは、固くなった腹斜筋が肋骨を下に引っ張り開かせることが大きな原因と考えられます。

腹斜筋は肋骨の下部から骨盤まで付着しています。この腹斜筋が固くなると肋骨を下に引っ張り、肋骨下部と骨盤のスペースを狭くしてしまいます

腹斜筋は肋骨の下部から骨盤まで付着しています。この腹斜筋が固くなると肋骨を下に引っ張り、肋骨下部と骨盤のスペースを狭くしてしまいます。そのスペースが狭くなることでお腹まわりの脂肪が外側にはみ出すと、お腹まわりの脂肪が目立ちます。その結果、体重が変わっていなくても太ったように感じるのです。

ですから、固くなった腹斜筋を伸ばすためのストレッチを習慣にしましょう

■脇腹を伸ばすストレッチ

お腹周りの脂肪がスッキリ!?ぽっこりお腹を凹ませる方法

(1)膝立ちになり、左脚を前にして前後に脚を開きます。両足の幅を狭めて一直線になるようにしましょう。

(2)右腕を上げて肘を曲げます。左手で右肘を掴んで身体を左側に倒し、30秒キープします。

(3)反対側も同様に行ってください。

お腹まわりは、最も脂肪の量が多いところで目立つ部分でもあります。ちょっとした変化が見た目に大きな影響を与えますので、定期的にストレッチを行ってお腹まわりをスッキリさせましょう。

(パーソナルトレーナー 藤本 千晶)

 

【関連記事】
ぽっこりお腹に!スッキリをサポートするお茶3選[PR]
ピーマン尻を引き上げる!1分ヒップアップエクサ
40•50代の浮き輪肉を落とす!3分脇腹エクサ[動画あり]
1日1分で体幹力UP&代謝のいい若見えボディになるエクサ
おば見え予防に◎骨盤底筋群を鍛える「座ったままエクサ」

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら