つやプラ

つやっときらめく美をプラス

オバ体型の原因に!40•50代が避けるべきダイエット

パーソナルトレーナー・オンラインダイエットコーチ
藤本千晶

「20・30代のころに比べて太りやすくなった」と感じる40・50代の方は、非常に多くいらっしゃると思います。それは、年齢による身体の変化が主な原因と考えられます。

以前と同じようなダイエット方法を行っても痩せないばかりか、さらに太りやすくなってしまう可能性があります。

ダイエット

体型改善が専門のパーソナルトレーナーの筆者が、40歳以降がやってはいけないダイエット法と、ダイエットのために重要なポイントをご紹介します。

■40・50代がやってはいけないダイエット法

過度な糖質制限

過度な糖質制限

過度な糖質制限は、最もやりがちな間違ったダイエットです。40代以降に過度な糖質制限を行うことはおすすめできません。なぜなら、過度な糖質制限で体重を落とした場合、体型が崩れやすくなるからです。

糖質は、筋肉を維持するためにとても重要な栄養素です。体内に貯蔵している糖質が少なくなると、筋肉や皮膚組織など体内のタンパク質を分解し、糖質に変換して使用します。

その結果、体重は落ちても、脂肪はあまり落ちずに筋肉量が大きく落ちやすいのです。体重が落ちてもお腹が凹まなかったり、肌の状態が悪くなったりするなどの悪影響が考えられます。

体重の変化がなくとも体型が崩れる

40歳以降になると、体重の変化がなくとも体型の崩れを感じる人が非常に増えてきます。その大きな要因として、筋肉量の減少と皮膚の垂れが考えられます。

筋肉量の減少はもちろんのこと、真皮組織のタンパク質が分解され薄くなることでも、皮膚の垂れが発生すると考えられます。過度な糖質制限は、体重を落とせたとしても、崩れやすくなった体型をさらに崩しやすくしている場合があります。

ちなみに、過度な糖質制限とは、「米や小麦粉・芋類など、糖質が主な栄養素の食品を完全にさけること」です。適度な糖質を摂取するために、毎食、米やパンなどの穀物や芋から最低一品を食べるよう意識しましょう

過度な脂質制限

過度な脂質制限

40代以降は、過度な脂質制限もするべきではありません。脂質の一種のコレステロールは敵視されがちですが、過剰摂取が問題になるだけで、体内では女性ホルモンであるエストロゲンなどのホルモンの材料になったり、脂溶性ビタミンの吸収を促進させて皮膚の保護に役立ったりします

大きな身体の変化が起こり、体調が安定しにくい40代以降の方が、身体に必須の栄養素を減らすと、さらに体調を不安定にさせる場合があります。体調が不安定ななか、その食事を継続することは非常に困難です。

健康的な身体を作るためにも、毎食小さじ1杯〜2杯程度のオイルを食事に加えましょう

ファスティング

ファスティングは2種類あります。“8時間ダイエット”などに代表されるような、中長期間継続する「インターミッテントファスティング」と、1日〜数日間のみ行う短期的な「ファスティング」です。

筆者はインターミッテントファスティングをおすすめしますが、1日〜数日間のみ行うするファスティングについてはあまりおすすめしません。確かにファスティングをやると体重は落ちますが、それは体内のものが排出されただけで、体脂肪の減少ではありません。

ですから、ファスティング前の食生活に戻してしまえば、体重も元通りです。

ファスティングの注意点

40代以降が太りやすくなる主な理由は、筋肉量の減少や皮膚が垂れやすくなることです。それを改善するためには、普段からの運動や食習慣を改善する必要がありますが、ファスティングはこれらの改善にはつながりません。

ファスティングを実施するのであれば、専門家の指導のもと、健康的で継続できる食習慣として行うようにしましょう

〇〇だけ食べるダイエット

〇〇だけ食べるダイエット

“リンゴダイエット”が有名かと思いますが、現在だとタンパク質がダイエットに効果的だということで、肉のみ食べる“肉食ダイエット”や“豆腐ダイエット”など、「〇〇だけを食べるダイエット法」が存在します。

このダイエット法は体重を落としやすいのですが、極端に一食品に偏った食事をすると、体調が不安定になるほか、筋肉量の低下が起こりやすく、さらに太りやすくなってしまうと考えられます。

多くの食品を活用して、栄養バランスのとれた食事でダイエットを進めていくようにしましょう

■40・50代のダイエットの心得

栄養バランスのとれた健康的な食習慣を

栄養バランスがとれた健康的な食習慣を

過度な糖質制限や脂質制限、短期ファスティングや偏った食品のダイエットなどは、身体の健康状態を悪化させやすく、体型が乱れて太りやすい身体を作る原因につながります。一方、バランスのとれた食事を継続することで身体の健康状態が改善されると、自然と体型も整いやすくなります。

バランスのよい食事とは、タンパク質・脂質・炭水化物・食物繊維・ビタミン・ミネラルなどの必要な栄養素を、必要な分摂取する食事のことです。

偏った食事制限で一時的に体重を落とすことはやめて、健康的な食習慣を意識して、美しい身体を作り上げていきましょう。

(パーソナルトレーナー 藤本 千晶)

 

【関連記事】
栄養士が食べない「老化が加速する食べ物」
ぺたんこ髪で老け見え!?3つの原因&ふんわり髪へ導くヘアケアとは[PR]
パンを食べても太らない?一緒に摂るべき食材4つ
「おにぎり&スープ」で太る!?ランチ選びの落とし穴3つ

【参考】
※池田和正/著(2006年)『トコトンわかる図解 基礎生化学』オーム社

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら