つやプラ

つやっときらめく美をプラス

老化を促進する!?食べ過ぎた後にやってはいけないこと

パーソナルトレーナー・オンラインダイエットコーチ
藤本千晶

「食べ過ぎてはいけない」と思っていても、ついつい食べ過ぎてしまうことがありますよね。

食べ過ぎてしまったのを取り戻そうと、翌日の食事を大幅に減らす方も多くいますが、これを繰り返していると老化を促進してしまいます。

食べ過ぎた後にやってはいけないこと

女性の体型改善専門パーソナルトレーナーの筆者が、食べ過ぎた翌日にやってはいけないことと、どうすればいいのかについて解説します。

■食べ過ぎた翌日の食事を減らしてはいけない

老けを促進する!?食べ過ぎた後にやってはいけないこと

食べ過ぎた翌日に食事を減らすことはNG。必要な栄養素が不足して、老化を加速させてしまうからです。

必要な栄養が不足すると、老化は促進します。お肌や髪の毛などの状態をキープするためにはタンパク質がとても大切ですし、身体の不調無く元気に過ごすためにはビタミンミネラルなどもとても大切。これらが不足してしまうと、見た目も体力的にも老けてしまいます。

「たった一度くらい平気でしょ?」と思うかもしれません。しかし、唐突な食欲が出てくるのは一度や二度では無く、必ず定期的に出現します。それが積み重なると、少しずつ体が削られて老化が加速していきます。

■「食べた分減らそう」と激しい運動をしてはいけない

老けを促進する!?食べ過ぎた後にやってはいけないこと

前日に食べ過ぎた分を取り返そうとして、無理な激しい運動をしてはいけません。取り返すことはほとんどできず、積み重ねると身体を削っていく行為だからです。

食べ過ぎて、1日の消費カロリーよりも1,000kcal食べ過ぎたとしましょう。その分を消費しようとして、体重60kgの人が60分間のウォーキングを行ったとしても、消費するカロリーは315kcal(METSで計算。強度は5METS)にしかなりません。

このように、運動だけで取り返すことはとても難しいのです。

そして、取り返すための運動はいつもより激しかったり、いつもより長時間やったりと、自分の体力に対して無理をしてしまう傾向があります。そのような運動を積み重ねてしまうと足・膝・腰などの関節にダメージが蓄積。痛みに繋がってしまうことがあります。

■自分を責めてはいけない

老けを促進する!?食べ過ぎた後にやってはいけないこと

食べ過ぎたからといって自分を責めてはいけません。余計にストレスを溜めてさらに食べ過ぎてしまう可能性があります。

ストレスが積み重なると、ついつい食べ過ぎてしまいます。ですから、ストレスを溜めないことが大切。

しかし食べ過ぎてしまい、その後、食べた自分を「何やってるんだ……」と責めると、さらなるストレスがかかってしまいます。

唐突な食欲は、ほとんどの人に定期的に起こる普通の反応です。それを防げないのはあなたのせいではありません。ですから自分を責めることはやめましょう。

■食べ過ぎた後にするべきは、「いつもの食事に戻す」こと

食べ過ぎてしまった後にするべきことは、すぐに切り替えていつもの食事に戻すこと。そうすることでほとんど影響はでません。

脂肪1kgを増やすのに、7,200kcal程度オーバーしなければいけません。たとえ1日だけ1,000kcalオーバーしたとしても、増加する脂肪は約140g程度。しかも、オーバーした分が全て脂肪になるわけではありません。ですからたまに食べ過ぎたとしても、ほとんど影響は無いでしょう。

食べ過ぎた翌日に食べないことで、食事のリズムを崩すことがあります。焦らずにいつもの食事に戻して、老けを促進させないようにこころがけましょう。

(パーソナルトレーナー 藤本 千晶)

 

【関連記事】
骨盤底筋群を鍛えてお腹ヤセ!40・50代がやるべきエクサ
ホルモンバランスが整う!寝る前1分股関節ストレッチ
40・50代からすべき骨盤底筋トレ で下腹凹ませ&尿漏れ予防
腹筋より下腹が凹む!40・50代がやるべきエクサ

【参考】
メッツ/METs(めっつ) – 厚生労働省

生活や運動の消費カロリーの計算 – CASIO

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら