つやプラ

つやっときらめく美をプラス

ペタンコお腹に!?デトックス豆腐ポタージュの簡単レシピ

美養フードクリエイター
岩田 まなみ

「夏までにダイエット!」のはずが、「間に合っていない!」と焦っている方もいらっしゃる時期でしょうか。海やプールに行く予定があるから短期間でお腹をぺったんこにしたいけれど、ジュースだけのファスティングはできそうもない……という方へ。豆腐を使った簡単ポタージュファスティングレシピをご紹介します。

健康と美容に役立つ食スタイルを提案して16年の美養フードクリエイターである筆者が、デトックス豆腐ポタージュの簡単レシピをご紹介します。栄養バランスも整ったポタージュです。

■豆腐ポタージュをおすすめする理由3つ

(1)タンパク質がしっかりとれる

大豆は、アミノ酸バランスが100の優秀なタンパク源です。ダイエット中にタンパク質が不足すると、筋肉が痩せて基礎代謝が下がり、結果として痩せにくい体質になってしまいます。豆腐なら調理することなく手軽にタンパク質をとることができます。

(2)昆布出汁でヤセ菌の大好物をプラス

腸内細菌の中には、肥満を防ぐ物質を産生するヤセ菌がいることがわかっています。昆布のヌメリ成分は、ヤセ菌の大好物の水溶性食物繊維。しっかりとヌメリを出すためにも、一晩以上水出しした昆布出汁を使います。

(3)野菜でポリフェノールをチャージ

豆腐と昆布でベースを作り、野菜でビタミン、ミネラル、ポリフェノールをプラスしましょう。ミキサーで撹拌することで、栄養素を包み込んでいる細胞壁が壊れ、身体に吸収されやすくなります。

■水着に間に合わせたい!豆腐ポタージュファスティングレシピ

<基本の材料(1食分)>

・絹ごし豆腐 100g(1/3程度)
・昆布出汁(刻んだ昆布20gを水1Lに浸けて、一晩水出ししたもの) 100cc

<具材>

ニンジン、トマト、小松菜、セロリなど生のまま使える野菜が便利です。
ニンジンなら1/2本、トマトなら1個、小松菜1束程度が目安です。

<作り方>

基本の材料と野菜、全てをミキサーでなめらかになるまで撹拌して、塩やオリーブオイルで味を調えて出来上がり。

豆腐ポタージュなら、飲みものだけのファスティングと違い、栄養バランスを乱さず、腸内フローラを整えながらファスティングできます。1日3食を豆腐ポタージュにしたり、夜だけ豆腐ポタージュにするのもいいですね。水着になる予定の日までにお腹をぺったんこにしたい方、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

(美養フードクリエイター・中医薬膳師 岩田まなみ)

 

【関連記事】
“夜の腸活”がカギ!今始めたい「夜の美腸習慣」3つ
「朝納豆」で腸活!ダイエットにも◎な朝納豆の食べ方
腸活に役立つ「チョコレート」の選び方&食べ方って?
腸活のために毎日食べたい!簡単「作りおきレシピ」3つ

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら