つやプラ

つやっときらめく美をプラス

腸内フローラを良好に!美容家が毎日欠かさない食べもの3つ

美養フードクリエイター
岩田 まなみ

もはや美容の基本ともいえる「腸活」。みなさん、腸内フローラのために食生活にプラスしていることはありますか?

美容家が腸活のために毎日欠かさない食べもののひとつ「ビフィズス菌入りヨーグルト」

腸内細菌は、私たちが食べた食べものをエサに生きていますから、いい腸内フローラを作るのも、悪い腸内フローラを作るのも、あなた次第! 美養フードクリエイターである筆者が、腸活のために毎日欠かさない食べものを3つご紹介します。

■美容家が腸活のために毎日欠かさない食べもの3つ

(1)納豆

納豆は、日本の発酵食品の代表選手ですね。納豆菌は腸内の常在菌ではありませんが、腸内にとどまっている間、善玉菌と共に働き腸内環境美化をサポートします。

また、大豆由来の食物繊維だけでなく、発酵過程で生まれるネバネバ成分もまた善玉菌のエサとなります。さらに、大豆に含まれる大豆オリゴ糖は、他のオリゴ糖に比べ善玉菌を増やす働きが強いといわれています。腸内環境美化には欠かせない食品です。

(2)イヌリン(アガベファイバー)

イヌリンは、プレバイオティクスといって、大腸に届いて善玉菌のエサとなり、私たちの健康に役立つ働きをする成分です。水溶性食物繊維の仲間で甘味がありますから、お砂糖の代わりにコーヒーや紅茶、ヨーグルトに入れて、毎日とっています。

水溶性食物繊維がビフィズス菌や一部の日和見菌に発酵分解される際に産生される短鎖脂肪酸には、「脂肪の蓄積をストップする」「食欲に関わるホルモンの分泌をうながす」「交感神経を刺激して脂肪の分解をうながす」など、総合的な肥満の予防効果が期待されていますから、ダイエットにも◎。

(3)ビフィズス菌入りヨーグルト

牛乳や豆乳を乳酸菌で発酵させることでできあがるヨーグルト。乳酸菌をとることも腸内細菌のサポートになりますが、ビフィズス菌入りのヨーグルトも販売されていますね。ビフィズス菌には、より腸内環境を改善する働きがあるそうですから、ヨーグルトはビフィズス菌入りを選んでいます。

腸内フローラは、私たちの食べたものによって毎日変化しています。腸内細菌が喜ぶ食べものを毎日の習慣にして、元気な善玉菌を育てたいですね。

(美養フードクリエイター・中医薬膳師 岩田まなみ
料理教室Manami’s Kitchen主宰。パリのEcole Ritz Escoffierにてフランス料理を学びDiploma取得、本草薬膳学院にて薬膳を学び、中医薬膳師の資格を取得。健康リズムカウンセラー、味覚カウンセラー(スタンダード)。自著「ベジフル発酵ジュースとレシピ」(2018年・日東書院本社)、「ヤセ菌が増えて太らない食べ方」(2016年・自由国民社)。コラム執筆、雑誌、TVなど多数のメディア出演実績がある)

【関連記事】
ダイエットに今日から始めたい!ヤセ菌が増える食べもの5つ
その食習慣NGかも?かくれ肥満になりやすい人の特徴4つ
“空腹”がポイント!2大若返り要素を活性化する食生活とは
見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ

【参考】
納豆の発酵による機能性 – 全国納豆共同組合連合会
大豆パワー徹底解剖 善玉菌のエサになる「オリゴ糖」編 – マルヤナギ
プレバイオティクス – ヤクルト
短鎖脂肪酸 – ヤクルト
腸内細菌と宿主の肥満をつなぐ受容体 – JT生命誌研究館
ヨーグルトを選ぶうえで知っておきたい! ビフィズス菌と乳酸菌のちがい – 森永乳業

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら