つやプラ

つやっときらめく美をプラス

栄養士が教える!40代からの太りにくい肉の選び方

やなぎさわ えりな

IMG_7057

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

太りやすく、痩せにくい40代。気を抜くと、食べたものがすぐ脂肪になってしまいます。

肉類をさけたい方もいるかもしれませんが、肉類は、良質なたんぱく質やビタミンが豊富に含まれるものもあって、「美」に欠かせない食材のひとつです。

栄養士が教える!40代からの太りにくい肉の選び方

「太りたくない、でもお肉が食べたい!」という方のために、太りにくいお肉の選び方をお伝えします。

■ヘルシーの代表格「鶏肉」

ヘルシーの代表格「鶏肉」

鶏肉は、脂肪が付いている皮を除けば、老けを促進する「飽和脂肪酸」を含まないヘルシーなお肉です。その中でもダントツにおすすめなのが「ささみ」。100gで105kcalと低カロリーなのに、タンパク質は23gと豊富に含まれています。

また、ストレスを緩和してくれるビタミンB6が0.6mg睡眠を調整してくれるナイアシンが11.8mg含まれています。ストレスが溜まりやすく、睡眠が乱れがちなアラフォーには、とても嬉しい栄養源となることでしょう。

「むね肉」もおすすめ

カロリーが100gで116kcalなのに対し、タンパク質は19.5gと、ささみよりは低めです。でも、ビタミンB6は0.64mgナイアシンは12.1mgと、こちらはささみより多めに含まれています。

むね肉ももちろん皮なしで食べましょう。

■ビタミンBが豊富な「豚肉」

「ビタミンB群」が多く含まれていることで有名な「豚肉」は、使い勝手が良いので食卓に取り入れやすく、ダイエッターや鍛えたい人、筋肉をつけたい人には、ぜひ食べてもらいたいお肉になります。

豚肉は、脂身を除くことで鶏肉同様、脂質を大幅にダウンできます。

おすすめは「ヒレ肉」と「もも肉」

豚の「ヒレ肉」は、ささみに次いで、ダイエットや引き締めたい人によく知られているお肉。肌トラブルを解消してくれるビタミンも豊富です。

豚の「もも肉」は「ヒレ肉」の次にカロリーが低く、100g食べても約150kcalほどです。タンパク質も21.5gと多めです。

■皮膚再生ビタミン、亜鉛が豊富な「牛肉」

皮膚再生ビタミン、亜鉛が豊富な「牛肉」

牛肉は、カロリー、脂質ともに高く、少し手を出しづらいですが、牛肉を食べた次の日に、「肌が生き生きしている」と感じたことはありませんか?

これは、亜鉛を摂取したためです。肌分裂の酵素が亜鉛の関係酵素で、新陳代謝にも多く関係するため、亜鉛を摂取すると、炎症を抑えたり、ホルモンの活性化を促します。そのため、肌にツヤが出るという仕組みになっています。

カロリー、脂質が気になる方は、牛肉の中でも比較的カロリーと脂質が低い「牛ヒレ肉」「牛もも肉」を選んで食べて頂くことが良いでしょう。

いかがでしたか? お肉は、食べる部位によって「美」と「健康」に必要な栄養素がたくさん入っていることがお分かりいただけたかと思います。

毎日の食卓に少しずつ取り入れて、「習慣美人」になりましょう。

(管理栄養士/おやこ食育プランナー/美食ライフプランナー やなぎさわえりな
「すべての女性は美しい」をモットーに「食べる」ことを通して自分らしく育児も自分磨きも楽しむメソッドを提案。)

【関連記事】
痩せるつもりが逆効果!栄養士が教える「太りやすい食事法」
おにぎり&スープは痩せにくい!?ランチ選びの落とし穴3つ
養蜂を見極めて!美容家が本当に食べている「ハチミツ」3選
止まらない食欲に!栄養士が教える「食べ痩せ」ポイント3つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

夏はエイジングが加速する!?初夏にすべき美肌を守るスキンケアとは

梅雨が明けると、本格的な夏の到来ももうすぐ。皆さんは、夏に向けてしっかりとお手入れをしていますか? 一年の中でも、夏は特にエイジングが加速しやすい季節だと言えます。そのため、この時期から美肌を守るため …

スキンケアが効かなくなった?今こそ見直したい、美顔にまつわるNG習慣

最近、スキンケアが効かないと感じていませんか? 朝晩きちんとスキンケアしているつもりでも、肌が乾燥したり、肌老化が進んだりして、あまり効果が感じられない……。そんな悩みを抱え始めるのが、まさにアラフォ …

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら