つやプラ

つやっときらめく美をプラス

“頑張り感”で老け見え!?「引き算美容」のコツ3つ

三浦 絵里子

2014-11-11-00-00-18_deco

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

女性なら誰でも、いつまでも「美しい」といわれたいですよね。しかし、アラフォーに差しかかると、なぜか美容やファッションへの興味が薄れて、気づけば後ろ向きにもなってしまう方が多いのではないでしょうか。

これはなぜかというと、思い描く理想の服やアクセサリー、スキンケア方法などが等身大の自分と重ならなくなるからです。

“頑張り感”で老け見え!?「引き算美容」のコツ3つ

年齢は問題の本質ではありません。美容業界に足を踏み入れてはや数年。アラフォー以上の先輩たちをたくさん見ていますが、こんな風に年を重ねたいと思わせてくれる強者ばかりです。彼女たちに共通しているのは、大人っぽく軽やかで魅力的なメイクとファッションです。

今回は、ホリスティックビューティインストラクターの筆者が、「アラフォーから始めるべき引き算美容」のエッセンスをお伝えします。

■アラフォーから始めるべき引き算美容のエッセンス3つ

(1)アクセサリーをひとつ減らしてみる

アラフォーになったら姿形を着飾るのは卒業しましょう。内面の輝きや自分らしさを表現できるように、アクセサリーは必要最低限に抑えることが大切です。

ピアス、ネックレス、シュシュ、バングル、リング、時計を全て身につけると多すぎます。自分を1番美しく見せてくれる主役のアクセサリーを選びましょう。特に、デコルテから上のアクセサリーはひとつに絞ってください。

不安になったら、お出かけ前に全身鏡でチェックして、玄関でひとつ外して出かけてみてください。

(2)メイクアイテムをひとつ減らしてみる

若い頃はたくさん持っていたコスメやメイク道具も、アラフォーになるとその数は減っていると思います。ですが、それでいいのです。

お肌にハリのある20〜30代は、重ねづけをしてもキレイに仕上がりますが、アラフォーになると、シワや肌の衰えを強調することとなってしまいます。

特に、目の付近は皮膚が薄いため、メイクを乗せすぎると「頑張っている感」が強くなり、老け顔の原因となります。40代からは「ツヤ」で勝負しましょう。ベースつくりを重視してみてください。

(3)色や柄物を減らしてみる

「アラフォーになってからファッションが楽しめなくなった」という声を多く耳にします。着たいブランド、好きな色、挑戦したい形が、実際着てみると全然似合わないという体験をされた方もいらっしゃるでしょう。

そんな時は、王道に戻って色を統一してみてください。

肌色や髪色をキレイに見せてくれる黒や白、上品さを演出するベージュやグレー、キャメルで一通り揃え、ひとつだけ差し色や柄物にしてみると良いでしょう。ただし、これらの基本色は上質なものにこだわってくださいね。

いかがでしたか? 洋服、アクセサリー、メイクを増やしていくのではなく、減らして身軽になっていくことがアラフォー美容の鉄板です。減らしていくと、一番好きな自分を表現するために必要なものがわかってくるはずです。

チャーミングで洗練されたアラフォーになりましょう。

ホリスティックビューティインストラクター 三浦絵里子

【関連記事】
首と手元も「顔」と思って!プロが教える「顔のお手入れ」
100均で揃う!保湿ケアを底上げする「美容ツール」4選
マスクでバレない!たるみ、ほうれい線撃退の「顔ヨガ」4つ
老け見えの元「口元のシワ」対策に◎口輪筋を鍛える顔ヨガ2つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら