つやプラ

つやっときらめく美をプラス

「足が熱くて眠れない」を改善!寝たまま足ストレッチ

長坂靖子

Img0973

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

夏の夜に、「足がほてって眠れない」という経験はありませんか?

一日の活動で疲労した足は、筋肉疲労や血行不良によって熱がこもり、ほてりやすい状態になっています。また、就寝時に身体が体温調節のため、手足などの末端から熱を放出することが、足のほてりの原因という場合もあります。

このような時は、直接冷やしたり、足を高い位置に上げると改善されます。

「足が熱くて眠れない」を改善!寝たまま足ストレッチ

日本ウォーキングセラピスト協会代表理事の筆者が、寝たままできる「足のほてり改善法」をご紹介します。

■足のほてりの原因

一般的なほてりの原因は、以下のようなものです。

(1)自律神経の乱れ
(2)足の筋肉疲労
(3)蒸れて熱の放出が円滑にできずに、熱がこもる
(4)ビタミン不足
(5)水分バランスが崩れている

一方、足のほてりには、思わぬ病気が潜んでいることもあります。

単なる疲労でない場合もありますので、改善しない、あるいは悪化する場合は、早めに整形外科や神経内科、かかりつけ医に相談しましょう。

■足のほてり解消法

一般的な足のほてりの場合は、足全体の巡りを良くすると、熱が放出され、改善が期待できます。

寝ながらできる、下半身をリラックスさせ巡りを促すケアをご紹介します。

仰向けになってひざをおり、左右のかかとで太ももを30回程度たたきます

(1)仰向けになってひざをおり、左右のかかとで太ももを30回程度たたきます。

左ひざを立てて、右足首を左ひざにのせます。左ひざに右足ふくらはぎをつけた状態で上下に動かし、右のふくらはぎを刺激します。ふくらはぎに溜まった老廃物の排出を促します

(2)左ひざを立てて、右足首を左ひざにのせます。左ひざに右足ふくらはぎをつけた状態で上下に動かし、右のふくらはぎを刺激します。ふくらはぎに溜まった老廃物の排出を促します。

(3)反対側の足も同様に行いましょう。

「ふくらはぎ」をほぐすことがポイント

ふくらはぎは、下半身の老廃物がたまりやすいパーツです。ふくらはぎをひざで刺激することにより、足はもちろん、下半身全体の老廃物が排出しやすくなります。結果、「足」の巡りもよくなり、ほてりが軽減されます。

「足裏」を刺激するのも効果的

それでも、足がほてって眠れない時は、ゴルフボールで足裏をコロコロと刺激して、ダイレクトに足の老廃物排出を促しましょう。

ただ、この場合も、最初に「ふくらはぎ」をほぐしてから行うことをおすすめします。足だけほぐしても、その上のふくらはぎの巡りがよくないと、老廃物を排出しにくいためです。

足のほてり解消には、まず「ふくらはぎ」をほぐすことを、覚えておきましょう。

(日本ウォーキングセラピスト協会代表理事 長坂靖子

10代でミス日本、準ミスワールド日本代表選出。モデル活動を経てウォーキング講師となる。出産を機に健康ウォーキング、ストレッチ講座を展開。「姿勢力」等著書多数。美容番組MC等活動は多岐に及ぶ。)

【関連記事】
足首が太くなる!?ズルズル歩きにぺたんこ靴…NG習慣5つ
体重増加と老けが加速!?朝にやりがち「NG習慣」7つ
寝る前3分!疲れとお腹ポッコリ解消の「陰ヨガ」
たったの3分!すっきり痩せ見えが叶う「二の腕エクサ」

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

大人スキンケアへの近道!目指したいのは、潤ってきらめく肌!?

最近、肌つやが足りないと感じていませんか? つやは肌がうるおった状態ではじめて生まれるもの。ですから肌に輝きが感じられないときは、肌が乾燥していたり、くすんでいたりします。 しかも、これから本格的な乾 …

  • アイテム
  • スキンケア
  • ツヤ肌
  • 乾燥肌

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら