つやプラ

つやっときらめく美をプラス

食欲を抑えて冬太り防止!「さば缶」の作り置きレシピ3選

ユウコ

-

2018年の「今年の一皿」は、「さば」に決定しました。なかでも、手軽に食べられる「さば缶」は支持が高く、女性からの人気も集めました。

そんな今年を象徴する食材を活用して、年末年始の食べ過ぎを防止してみませんか?

食欲を抑えて冬太り防止!「さば缶」の作り置きレシピ3選

ウエルネス&ビューティーライターの筆者が、上手に食欲を調整し、冬太りを防ぐレシピをご紹介します。

■さばの「DHA」「EPA」が食べ過ぎ防止に役立つ

さばといえば、健康効果が期待できる「DHA(ドコサヘキサエン酸)」や「EPA(エイコサペンタエン酸)」が含まれていることが知られています。この2つの成分には、情緒を安定させ、ストレスを緩和させる効果があることが報告されています。

しっかりとっておけば、年末の忙しさのイライラによる食べ過ぎや、たくさんのご馳走を目の前にして食欲が暴走してしまうことの防止に役立つでしょう。

■中性脂肪を減らす働きも

「DHA」「EPA」には、中性脂肪を減らす働きもあるとされています。中性脂肪は、お酒やスイーツの摂取によって増えやすい傾向があるといわれていますが、年末年始はお酒を飲む機会も多いですよね。

肥満につながる中性脂肪を増やさないためにも、手軽な「さば缶」で対策をしましょう。

■血流改善効果で冷えもやわらぐ

一段と寒さが厳しくなるこの時期は、血流を良くすることを心がけたいですよね。「DHA」「EPA」には血流改善効果があるため、欠かさずとることで冷え解消も期待できます。

■年末年始の常備菜に!「さば缶」の作り置きレシピ3選

慌ただしい時でも、時短でできるおすすめレシピです。

(1)さば缶とねぎのそぼろ

しょうがが効いた、ピリッとした口当たりのそぼろです。

材料(作りやすい分量)

・さば水煮缶 1缶
・ねぎ 2本
・しょうゆ 大さじ1
・砂糖 大さじ1
・みりん 大さじ1
・酒 大さじ1
・しょうが 1かけ

作り方

(1)ねぎは青い部分もいっしょに小口切りに、しょうがはみじん切りにしておきます。
(2)フライパンにさば水煮缶を汁ごと入れて、火にかけながらよくほぐします。
(3)(2)に(1)としょうゆ、砂糖、みりん、酒を加え、汁気が飛ぶまで炒めれば完成です。

(2)さば缶の無限ピーマン

あの無限ピーマンをさば缶で。リピート確定の美味しさです。

材料(作りやすい分量)

・さば水煮缶 1缶
・ピーマン 5個
・鶏がらスープの素 大さじ1/2
・ごま油 大さじ1/2
・白ごま 適宜

作り方

(1)ピーマンは、千切りにしておきます。
(2)耐熱容器に(1)と汁気を切ってほぐしたさば水煮缶、鶏がらスープの素、ごま油を入れてラップをかけ、電子レンジ(600W)で2分加熱します。
(3)(2)をレンジからとり出してよく混ぜ合わせ、白ごまを振って完成です。

(3)さば缶と白菜のサラダ

旬の白菜は生でも食べましょう。野菜不足も解消できます。

材料(作りやすい分量)

・さば水煮缶 1缶
・白菜 1/4個
・塩 小さじ1
・昆布茶 小さじ1
・しょうが 1かけ
・ごま油 大さじ1

作り方

(1)白菜は細切りにして塩もみし、水気をしぼっておきます。
(2)しょうがはすりおろし、さば水煮缶は汁気を切ってほぐしておきます。
(3)(1)と(2)と昆布茶、ごま油をボウルに入れてよく和え、10~15分ほど置いて味がなじんだら完成です。

缶詰は、買い置きができるのもうれしい食材です。栄養バランスが崩れがちな年末年始こそ、簡単に料理ができるさば缶を活用し、身体のリズムを整えてくださいね。

(ウエルネス&ビューティーライター ユウコ
「脂肪燃焼ダイエット」「ハッピーラッキー美人の秘密2」など、これまで4冊の自著を刊行。食、メンタルケアなどを通じて生活と人生の質を高めるメソッドについて、多方面にて執筆中。ブログも毎日更新中。)

【関連記事】
腸活に役立つ「チョコレート」の選び方&食べ方って?
納豆にちょい足しで効果倍増!?「納豆に加えたい食材」3選
“冬便秘”対策に◎身体を芯から温める「腸活鍋」3つ
冬太りストップ!野菜の「効果的な食べ方」3つ

【参考】
DHA(ドコサヘキサエン酸) – わかさ生活
EPA(エイコサペンタエン酸) – わかさ生活

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら