つやプラ

つやっときらめく美をプラス

お疲れ胃腸に!あったかとろ〜り「おすすめ朝ごはん」3つ

岩田 まなみ

iwata

忘年会にクリスマス会と、宴会続きで、そろそろ胃腸が疲れてきた方も多いのではないでしょうか。

お疲れ胃腸に!あったかとろ〜り「おすすめ朝ごはん」3つ

健康と美容に役立つ食スタイルを提案して15年の美養フードクリエイターである筆者が、何かと忙しい年末、胃腸の調子を調えて元気に過ごすための「朝ごはん」を3つご紹介します。

■お疲れ胃腸ケアになる朝ごはんの選び方

(1)温かいものを選ぶ

朝は、一日の中で一番体温が低い時間帯です。とくに冬は、外気温の寒さから体温が上がりにくい状態にありますから、朝ごはんには、温かいものを選びましょう。

私たちの身体は、深部体温が37℃台で正常に働くようにできているため、身体を芯部から温めることで、胃腸の調子を整える効果が期待できます。

(2)とろみのあるものを選ぶ

とろみのあるものは、熱が逃げにくいだけでなく、消化もゆっくりになり、胃腸から身体を温めてくれます。

■お疲れ胃腸ケアに!「おすすめ朝ごはん」3つ

(1)オートミール

お疲れ胃腸ケアに!「おすすめ朝ごはん」3つ (1)オートミール

オートミールは、食物繊維が豊富なオーツ麦から作られています。オーツ麦の食物繊維は、水溶性食物繊維が多いため、水分を含むとトロミのある状態になります。

ですから、オートミールに牛乳やアーモンドミルクなど、お好みのミルクを加えてひと煮立ちさせるだけで、とろみのある温かい朝ごはんが出来上がります。

お好みでシナモンやジンジャーパウダーを加えれば、身体温め効果UPです。

(2)ホットヨーグルト

お疲れ胃腸ケアに!「おすすめ朝ごはん」3つ (2)ホットヨーグルト

ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌は、熱に弱いため、本来は加熱しないで食べるものです。ですが、菌は死んでしまっても、腸内に既に住み着いている善玉菌のエサとなり、腸内環境をサポートします。

お鍋で温めたヨーグルトに、ハチミツやメープルシロップで甘味を加えたり、オートミールと同じように、シナモンやジンジャーパウダーなどのスパイスを加えてもいいですね。

(3)とろろ出汁スープ

お疲れ胃腸ケアに!「おすすめ朝ごはん」3つ (3)とろろ出汁スープ

昆布は、善玉菌の大好物である水溶性食物繊維の豊富な食材です。昆布を薄く削ったとろろ昆布は、うま味が溶け出しやすいため、お湯を注ぐだけで美味しいスープが出来上がります。

お好みで、梅干しや生姜、刻みネギを加えて、味を調えましょう。

胃腸を温めて労わる朝ごはんを食べて、今年も最後まで元気に過ごしたいですね。

(美養フードクリエイター・中医薬膳師 岩田まなみ
料理教室Manami’s Kitchen主宰。パリのEcole Ritz Escoffierにてフランス料理を学びDiploma取得、本草薬膳学院にて薬膳を学び、中医薬膳師の資格を取得。健康リズムカウンセラー、味覚カウンセラー(スタンダード)。自著「ベジフル発酵ジュースとレシピ」(2018年・日東書院本社)、「ヤセ菌が増えて太らない食べ方」(2016年・自由国民社)。コラム執筆、雑誌、TVなど多数のメディア出演実績がある。)

【関連記事】
40代からの腸活に◎!「毎日食べたいフルーツ」3つ
腸活のために毎日食べたい!簡単「作りおきレシピ」3つ
腸活のキホン!美容家が毎日食べている「発酵食品」3つ
肉食続きで汚肌に!?つや肌作りに◎な「食べるべきもの」

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら