つやプラ

つやっときらめく美をプラス

リフトアップも叶う!?オリーブオイルの頭皮クレンジング法

ヘアメイク
mayu3

料理に使う「オリーブオイル」は、抗酸化作用があるため、スキンケアだけでなく頭皮クレンジングとしても使えるすぐれものです。

コスメコンシェルジュや美容家のプロとして年齢に合わせた美を提案する筆者が、オリーブオイルを使ったおすすめの頭皮クレンジング法と、あわせてとり入れたいマッサージ法をご紹介します。

リフトアップも叶う!?オリーブオイルの頭皮クレンジング法

■オリーブオイルを使った頭皮クレンジング

用意するもの

・100%天然オリーブ油

・ホットタオル

(1)乾いた髪の状態でオリーブ油をつける

ポイントは、地肌につけることです。スポイトのような容器にオリーブ油を入れてから使うと、地肌につけやすくなります。

(2)全体的に馴染ませる

頭皮にまんべんなくオリーブ油をつけたら、馴染ませるように両手で頭皮を揉み込んでいきます。こうすることで、油が毛穴に詰まった汚れと混ざりやすくなり、汚れが浮きやすくなります。

(3)ホットタオルでしばらく蒸らす

少し熱いくらいのホットタオルで頭を包み込みます

ホットタオルは、一度水を湿らせたタオルを電子レンジで温めると、手軽に作ることができます(厚めのタオルの場合、600Wで30秒が目安)。

少し熱めの方が、頭に乗せた時に温かさを感じやすくなりますが、触った時に「持てないくらい熱い」と感じる方は、20〜25秒など短く設定していただいて構いません。

蒸らす時間は特に縛りがありませんので、ホットタオルが冷たくなるくらいを目安にしましょう。

(4)シャンプーをする

一度軽くお湯で流した後は、普段使っているシャンプーをして終了です。

■クレンジングと合わせてやりたい「頭皮マッサージ」

血行が悪くなると、髪に栄養がうまく行き届かなくなります。マッサージをすることで硬くなった頭皮をほぐすことができ、育毛促進にも効果が期待できます。

クレンジングとあわせてとり入れたい頭皮マッサージをご紹介します。

(1)揉捻法

指全体で揉みほぐしていく方法です。

前側は両手を使い、生え際からつむじまでを揉みながら進みます。後ろ側は、うなじの部分からつむじの方に向かって両手で揉みほぐしていきます。

(2)圧迫法

両手でグッと押して、力をゆっくり抜いていくやり方です。こめかみ辺りと、首の付け根辺りを圧迫するのがおすすめです。

夏は、皮脂や汗の分泌が多くなり汚れが増える時期です。頭皮ケアを週に一度とり入れるだけで、リフトアップや、細毛・抜け毛の改善につながりますので、ぜひとり入れてください。

(ヘアメイク/美容講師/コスメコンシェルジュ/ライター/美容師 mayu3
ヘアメイク、美容講師、コスメコンシェルジュ、ライターなどマルチに活動。ヘアメイクでは、企業から一般撮影、PV撮影に携わり、撮影会のイベントで全国をまわっている。)

【関連記事】
髪のボリュームにハッとしたら…すぐに始められる「薄毛対策」

白髪を上手に隠す!40代の「ハーフアップ&ポニーテール」

髪のダメージが悪化!?ゴワつきを招く「NGヘアドライ」

ボブでも華やかヘアに!ゴム1本でできるヘアアレンジまとめ

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら