つやプラ

つやっときらめく美をプラス

蒸し暑さで心身が重だるい…リラックスできるヨガのポーズ

健康美運動指導士
MIKA

早いもので暦のうえでは秋になりました。日が暮れてくる時間も早くなってきたように感じますよね。

とはいえ、まだまだこの蒸し暑さはしばらくつづきそうです。この蒸し暑さで、「なんだかいつも疲れている」「心身ともにだるくてエネルギーがわかない」という人も多いと思います。

蒸し暑さで心身が重だるい…リラックスできるヨガのポーズ

フィットネス美トレーナーの筆者が、そんな夏疲れぎみのあなたに試してほしい「おすすめのヨガのポーズ」をご紹介します。

■ヨガの基本!「ダウンドッグ」のポーズ

ヨガをしたことがない人でも、コチラのポーズを知っているのではないでしょうか? 「ダウンドッグ」はヨガの基本中の基本のポーズです。

犬がお尻を持ち上げている時のようなポーズです。頭を下に向けてお尻を持ち上げ、手足でバランスをとります。ヨガインストラクターでもある筆者も、ヨガのクラスで必ず行います。

このダウンドッグのポーズは準備運動やポーズの間に行うことが多く、ポーズを行うことで血流を促したり、下半身の裏側の筋肉が気持ちよく伸びていくのを感じられます。

「ダウンドッグ」のポーズのやり方

(1)四つん這いの状態からスタートします。

つま先を立ててかかとを後ろに押しながら、お尻を天井方向に持ち上げます。目線は足元かひざに向けましょう。この時、坐骨が天井に向かうイメージで、真横から見ると三角の頂点がお尻となります

(2)つま先を立ててかかとを後ろに押しながら、お尻を天井方向に持ち上げます。目線は足元かひざに向けましょう。この時、坐骨が天井に向かうイメージで、真横から見ると三角の頂点がお尻となります。

このまま、呼吸を止めずに30秒ほどキープしてください。

靴下を履いていると滑りやすいので、靴下を脱いで行いましょう。もし手足が滑ってしまう場合は、滑りにくいようにヨガマットを敷いて行うと良いでしょう。

ダウンドッグのポーズが終了したら、「チャイルドポーズ」でお休みしましょう。

(3)ダウンドッグのポーズが終了したら、「チャイルドポーズ」でお休みしましょう。慣れないうちは、かかとが浮いてしまうと思いますが、少しくらい浮いてしまってもかまいません。無理をせずに少しずつ慣れていきましょう。

いかがでしたか? 呼吸が止まらないようにリラックスして行うことがポイントです。夏疲れを感じたら、ぜひ実践してみてください。

(フィットネス美トレーナー MIKA
フィットネス指導歴30年。ヨガ、サップヨガ、ピラティス、フィットネス全般指導、各種イベント講師。心とカラダの健康美をサポートする「フィットネス美トレーナー」として活動中。)

【関連記事】
お腹のムダ肉を落とす!代謝が上がる「ステッププランク」
夏までにダイエット!代謝が上がる「痩せる生活習慣」3つ
ぽっこりお腹スッキリ!寝たまま1分の「ガス抜きポーズ」
座ったまま5分!くびれる&全身ほぐれるチェアストレッチ

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら