つやプラ

つやっときらめく美をプラス

40代華やかまとめ髪に◎ボブでもできる編み込みアレンジ

ヘアメイク
mayu3

ホームパーティなどにお呼ばれされた際に、できれば自分でヘアセットができたらラクですよね。

ミディアムヘアでもできる編み込み!簡単お呼ばれスタイル

美容師やヘアメイクのプロとして年齢に合わせた美を提案する筆者が、サロンでもやっている「編み込みを使ったまとめ髪」をご紹介します。

■ミディアムヘアでもできる「編み込みまとめ髪」

用意するもの

・細いゴム 2つ

・ヘアピン 2本

・クリップ 2つ

・ヘアアクセ

・オイル

・バーム

仕込み

コテやアイロンを使って、ヘア全体に緩めのウェーブをつけておきます。ゆるっとクセがつくくらいでOKですので、巻く時は厚めに毛束をとって巻きましょう。

仕上げに、オイルとバームを1:1で混ぜたものをつけて、仕込みの完了です。

「編み込みまとめ髪」のやり方

編み込みまとめ髪で大切なところは、編み込みする範囲とシニヨンにする範囲(耳を基点にして二つに髪の毛を分ける)をわけておくことです。写真のように、耳より上を編み込み、耳より下はシニヨンにしておきましょう

(1)編み込みまとめ髪で大切なところは、編み込みする範囲とシニヨン(お団子)にする範囲をわけておくことです。写真のように、耳を基点にして上下二つに髪の毛を分けて、耳より上は編み込みに、耳より下はシニヨンにしていきます。

耳より上を編み込みする間は、耳より下の髪をクリップでまとめて、編み込みの邪魔にならないようにしましょう。

耳より上の髪の毛を表編みしていきます。この時、顔まわりに残り毛が欲しい方は、あらかじめ残り毛にしたい部分だけを残しておきましょう

(2)耳より上の髪の毛を表編みしていきます。この時、顔まわりに残り毛が欲しい方は、あらかじめ残り毛にしたい部分だけを残しておきましょう。

ミディアムヘアは短い髪がパラパラと落ちやすいので、なるべく落ちないように細かく編み込むことがポイントです。耳の高さまで編み込んだら、細いゴムで結んでおきます。

編み込み部分をほぐすとラフ感が出るので、親指と人差し指の爪で毛束をつまむように引き出しましょう。

耳より下の毛は一つ結びにします。この時、編み込みを結んだゴムの位置で留められる方は同じ位置で留めるようにしましょう

(3)耳より下の毛は一つ結びにします。この時、編み込みを結んだゴムの位置で留められる方は、同じ位置で留めるようにしましょう。

次に、もう一度、細いゴムで毛先近くを結びます。

写真のように、お団子のような仕上がりになります

写真のように、お団子のような仕上がりになります。

毛先を内側に入れるようにして、シニヨンにします。(3)でお団子のようになっている部分がシニヨン部分になります

(4)毛先を内側に巻き入れるようにして、シニヨンにします。(3)でお団子のようになっている部分がシニヨン部分になります。

2本のヘアピンを、右と左の両側から1本ずつ刺して留めて、シニヨン部分をほぐしましょう。

(3)で毛先付近に結んだゴムよりも内側にヘアピンを刺して留めると、ヘアピンがしっかり固定されます。逆にゴムより外側(毛先側)で留めると、上手く固定できずにシニヨンが崩れやすくなるので注意しましょう。

仕上げに、編み込み部分やゴムの部分にヘアアクセをつけます。最近流行っている大きいヘアピンやバレッタを組み合わせてつけると、オシャレ度がアップしますよ

(5)仕上げに、編み込み部分やゴムの部分にヘアアクセをつけます。最近流行っている大きいヘアピンやバレッタを組み合わせてつけると、オシャレ度がアップしますよ。

いかがでしたか? 今回のポイントは、編み込み部分とシニヨン部分の範囲をしっかり分けることです。

また、ヘアアクセをつけるだけで、同じヘアアレンジでもフォーマルに見せたりカジュアルに見せたりすることができるので、シーンに合わせてヘアアクセを組み合わせるといいでしょう。

(ヘアメイク/美容講師/コスメコンシェルジュ/ライター/美容師 mayu3
ヘアメイク、美容講師、コスメコンシェルジュインストラクター、ライターなどマルチに活動。ヘアメイクでは、企業から一般撮影、PV撮影に携わり、撮影会のイベントで全国をまわっている。)

【関連記事】
一つ結びをちょい足しで可愛く!簡単3stepヘアアレンジ
「後れ毛」でまとめ髪がこなれる!今風になる後れ毛の扱い方
手触りが変わる!乾かすだけで美髪になるドライヤーのかけ方
理想の髪に近づける!美容師直伝・お悩み別シャンプーの選び方

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら