つやプラ

つやっときらめく美をプラス

職場にもOK!ラフすぎない「きちんと系」ヘアアレンジ2選

ヘアメイク
mayu3

「ラフに後れ毛を引き出したアレンジは可愛いけれど、職場には向いていない」と感じる方も多いですよね。

美容師やヘアメイクのプロとして年齢に合わせた美を提案する筆者が、かっちりしすぎずに可愛い「きちんと系」のヘアアレンジをご紹介します。

職場でもおしゃれヘアに!「きちんと系」ヘアアレンジまとめ

■「きちんと系」ヘアアレンジのポイント

後れ毛は顔まわりだけ

後れ毛を出せば出すほど、ラフな感じがでます。

そのため、「きちんと系」にしたい時は、顔周りだけ後れ毛を出すと、ラフになりすぎずに顔の輪郭をカバーすることができます。

毛束をほぐしすぎない

抜け感を出すためにやる“ほぐし”も、やりすぎるとラフになるので、少し控えめにほぐすことがポイントです。

■「きちんと系」ヘアアレンジのやり方

普段使いはもちろん、お食事会など特別な時にも使えるまとめ髪を2つご紹介します。

(1)三つ編みで作るまとめ髪

低めの位置で一つ結びにしたら、表面の毛束を1センチ間隔で引き出します

(1)低めの位置で一つ結びにしたら、表面の毛束を1センチ間隔で引き出します。

三つ編みをした後にほぐすと、よりボリュームのある三つ編みになります

(2)三つ編みをした後に少しほぐします。よりボリュームのある三つ編みになります。

ほぐした三つ編みを時計回りに回してピンでとめます。バランスをみてボリュームが欲しいところをさらに引き出すと、シルエットがきれいになりますよ

(3)ほぐした三つ編みを時計回りにまわしてピンでとめます。バランスをみてボリュームが欲しいところをさらに引き出すと、シルエットがきれいになりますよ。

(2)くるりんぱでつくるハーフアレンジ

かっちりしすぎるハーフアップ

(1)まず、ハーフアップにします。ハーフアップにする時は、残り毛を少なめにすると「きちんと感」が増します。

くるりんぱにしたら、毛束を少しだけ引き出します。毛束を引き出せば引きだすほどラフ感がアップするので、少しだけ抑えめに引きだすことがポイントです

(2)くるりんぱにしたら、毛束を少しだけ引き出します。毛束を引き出せば引きだすほどラフ感がアップするので、少しだけ抑えめに引きだすことがポイントです。

ストレートヘアでくるりんぱをすると清楚なイメージにみえますが、毛先だけ巻くと女性らしいやさしい印象に仕上がります。巻くか巻かないかで雰囲気が変わるので、その日の気分やなりたいイメージで変えることをおすすめします。

いかがでしたか? ちょっとしたテクニックでできる、「きちんと系」ヘアアレンジをご紹介しました。いつものカッチリヘアスタイルも、ほぐし方やちょっとしたアレンジを加えることでラフすぎない「きちんと系」ヘアアレンジに変わりますので、ぜひ参考にしてください。

(ヘアメイク/美容講師/コスメコンシェルジュ/ライター/美容師 mayu3
ヘアメイク、美容講師、コスメコンシェルジュ、ライターなどマルチに活動。ヘアメイクでは、企業から一般撮影、PV撮影に携わり、撮影会のイベントで全国をまわっている。)

【関連記事】
髪のボリュームにハッとしたら…すぐに始められる「薄毛対策」
白髪を上手に隠す!40代の「ハーフアップ&ポニーテール」
髪のダメージが悪化!?ゴワつきを招く「NGヘアドライ」
ボブでも華やかヘアに!ゴム1本でできるヘアアレンジまとめ

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら