つやプラ

つやっときらめく美をプラス

野菜の栄養を丸ごと取れる!ぬか漬けで腸活&アンチエイング

管理栄養士
やなぎさわ えりな

日本の伝統料理の一つである「ぬか漬け」。その独特な匂いを苦手に感じる人も多いのではないでしょうか。

そんなぬか漬けですが、近年、栄養価に注目が集まっており、健康や美容に良いとして幅広い世代から支持を得ています。

ぬか漬けで腸活&アンチエイジング

ぬかに丸ごと野菜を漬けるので、野菜丸ごとの栄養素を摂取することができます。管理栄養士の筆者が、美と健康のために食べたい「ぬか漬けの魅力」をご紹介します。

■ぬか漬けとは?

ぬか漬けとは、米糠を使って野菜を漬けた漬物のことです。米糠は、米を精白した時に出る川や胚芽成分のことです

ぬか漬けとは、米糠を使って野菜を漬けた漬物のことです。

米糠は、米を精白した時に出る皮や胚芽成分のことです。「ビタミンB群」「ミネラル」「食物繊維」等に富んでいます

■ぬか漬けが美と健康に良い理由3つ

(1)野菜そのものの栄養素が丸ごと吸収できる

野菜全般に含まれている「ビタミンC」は、シミの原因となるメラニン色素の生成を抑えてくれる働きがあります。そのほかにも、ストレスの緩和や免疫力を高める働きも期待できるため、積極的に摂りたい栄養成分です。

しかし、ビタミンCは加熱に弱いため生の状態で野菜を摂取することをおすすめします。ぬか漬けは、ビタミンCを効率よく摂取するのに適している食べ物といえます。

(2)疲労回復効果が抜群

米糠には、「ビタミンB群」が多く含まれています。

ビタミンB群には疲労回復を促す働きがあるため、夜寝る前や、運動後にぬか漬けを食べると、疲れがとれやすくなることが期待できます

(3)腸内環境を整える

ぬか漬けには「乳酸菌」や「酵母」がたくさん含まれています。乳酸菌があってこそ、ぬか漬けらしい味わいが出ます。

乳酸菌は腸内で「乳酸」を作り、悪玉菌の増殖を抑えて善玉菌を増やしてくれます。腸内環境を整えることで、便通の改善、免疫力の向上や肌トラブルの改善が期待できます。

■ぬか漬けにおすすめの野菜

生で漬ける場合

・大根

・ミョウガ

・人参

・きゅうり

・豆腐

・りんご

・たまご

・トマト

・ナス

・カブ

ナスやカブは、アクが強いので塩でもんでから漬けましょう。

火に通してから漬ける場合

・ごぼう

・かぼちゃ

・じゃがいも

いかがでしたか? 昔は、ぬか漬けといえば毎日の手入れがたいへんなイメージでしたが、今ではぬか漬けキットが売っていたりジップロックで漬ける方法もあります。手軽にぬか漬けを楽しんで、毎日コツコツと腸活をしていきましょう。

(管理栄養士/おやこ食育プランナー/美食ライフプランナー やなぎさわえりな
「すべての女性は美しい」をモットーに「食べる」ことを通して自分らしく育児も自分磨きも楽しむメソッドを提案。)

【関連記事】
毎日食べて内側から潤いケア!肌を乾燥から守る食べ物3つ
ついスーパーで無駄遣いしている!?食費が高くなるNG行動
栄養士に聞く、ダイエットフードに「高野豆腐」が最適な理由
痩せ体質になる飲み物は?ダイエット中に飲みたいお茶3選

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら