つやプラ

つやっときらめく美をプラス

メイクを変えて相性UP!イエベ×寒色服でもくすまないメイク

ヘアメイク
mayu3

自分のパーソナルカラーと違う色の服を着ると、肌がくすんで見えたり血色が悪く感じますよね。

寒色系の服を着る時に顔がくすまないメイク術〜イエベ肌編〜

ヘアメイクやコスメコンシェルジュインストラクターのプロとして年齢に合わせた美を提案する筆者が、イエローベース肌の方におすすめのメイク術をご紹介します。

■イエローベース肌の特徴

黄色みがあるイエローベース肌は暖色系の服が似合いますが、青みがある寒色系の服を着ると顔色が悪く見えたり、クマが青白く目立ちやすいです。

■パーソナルカラーと違う色を着たい時に使えるメイク術〜イエローベース肌編〜

ベースメイク

イエローベース肌の人がパーソナルカラーと違う色を着る時は、ファンデーション前にオレンジやピンクのコントロールカラーを下地に使うと肌の血色感がアップします。

また、オレンジのコンシーラーはイエローベースの肌色と相性がいいので、目の下につけると青白く目立つクマを自然にカバーしてくれます。オレンジのコンシーラー単品だとうまく馴染みづらい場合は、お使いのファンデーションとコンシーラーを1:2の割合で混ぜて使うことがおすすめです。

アイシャドウ

「アイシャドウは普段使っているものでも、寒色系の服を着たらくすんでしまう」という時は、アイシャドウを塗る前に黄色味の下地やコンシーラーをまぶたに塗ると発色がよくなります。

また、洋服に合わせてアイシャドウも青み系にする場合は、暖色系の明るい色を先にベースとして塗ることをおすすめします。暖色系のアイシャドウパレットには、イエローベース肌に合うハイライトカラーが入っていることが多く、それを先に塗ることで色浮きを防ぐことができます。

チーク

自分のパーソナルカラーと違う服を着ると顔色が悪く見えやすいので、イエローベース肌の方はオレンジチークを単品で使ったり、いつものチークの仕上げに黄色のチークをつけるとバランスが良くなります。

また、少し濃いめにチークをつけるだけでも血色が良くなりますよ。

リップ

寒色系の洋服に合わせて口紅も青み系に変えたい時は、リップやグロスで暖色系をプラスすることがおすすめです。

青み系の口紅だけだと唇の色が青白く見えるので、クリアなオレンジやイエローの口紅をつけ足すと改善できますよ。

イエローベース肌の方は黄色みやオレンジをプラスすると、青み系や寒色系の色でも相性が良くなります。アイシャドウやリップなどのポイントメイクを変えるだけで顔の明るさや肌のつやが良くなりますので、ぜひ参考にしてみてください。

(ヘアメイク/美容講師/コスメコンシェルジュ/ライター/美容師 mayu3
ヘアメイク、美容講師、コスメコンシェルジュインストラクター、ライターなどマルチに活動。ヘアメイクでは、企業から一般撮影、PV撮影に携わり、撮影会のイベントで全国をまわっている。)

【関連記事】
500円で旬顔に!大人も使いたいトレンド満載プチプラコスメ
もう失敗しない!プロが教える眉カットの掟&便利アイテム
手抜きアイメイクで老け見え!?お疲れ感が増すNGメイク
目元パンダを防ぐ!一重・奥二重向け崩れにくいアイメイク

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら