つやプラ

つやっときらめく美をプラス

NGクレンジングで目元が老ける?アイメイクの正しい落とし方

美容ライター
古賀令奈

シワ、くすみ、色素沈着など、アイメイクのクレンジング方法次第でさまざまなお悩みを招く可能性があります。だからこそ、正しいクレンジング方法を身につけたいですよね。

アイメイクがきちんと落ちない!?正しい目元のクレンジング

コスメ&メイクライターの筆者が、若々しい目元をキープするために「ポイントメイクの落とし方」をお伝えします。

■目元専用クレンジングで落とす習慣を

アイメイクを落とす時は、ポイントメイクリムーバーを使うことをおすすめします。全顔用のクレンジングではアイメイクを落としきる洗浄力が足りなかったり、細部まで丁寧に落とせていなかったりと、洗い残しが起こりやすいです。

ポイントメイクリムーバーでアイメイクを落としておくと、洗浄力の高いクレンジングを使わなくてもすむようになり、肌の負担も軽減できます。慣れるまでは面倒に感じるかもしれませんが、習慣にしてしまえば肌にとって大きなメリットとなります。

ポイントメイクリムーバーでこすらない

ポイントメイクリムーバーでこすらない

ポイントメイクリムーバーを使うと、摩擦による肌への負担が軽減されます。クレンジング時の摩擦はで目元にダメージを与えてしまうと、シワやくすみ、色素沈着の原因につながります。

いかに摩擦を抑えるかが重要といえるでしょう。

しかし、ポイントメイクリムーバーを使ったからといって、必ず摩擦がカットできるというわけではありません。必要以上にこすらず落とすためには、正しい使い方を身につけることが大切です。

ポイントメイクリムーバーの使い方

(1)コットンにポイントメイクリムーバーを染み込ませます。

(2)コットンで目をそっと押さえ、目元にポイントメイクリムーバーを5秒なじませます。

(3)5秒たったら上から下に、目頭から目尻に向かって、そっと全体を拭きとります。

(4)再度、コットンをまつ毛の上において5秒なじませ、マスカラを毛先に向かって落とします。

(5)コットンを二つ折りにし、目の下のキワをやさしく拭きとります。

(6)コットンを四つ折りにし、角を使って上まぶたのアイラインを落とします。

上記の方法でアイメイクを落とすと、負担を極力かけずにきれいに落とせるでしょう。

■洗い残しは「綿棒+フェイスオイル」でオフ

洗い残しは「綿棒+フェイスオイル」でオフ

クレンジングをした後や入浴後に、洗い残しに気がつくこともありますよね。

そんな時は、綿棒にフェイスオイル染み込ませ、汚れを拭きとってください。洗い残しの部分をピンポイントで落とすことができます。

フェイスオイルならそのままスキンケアに入っても心配ありませんし、美容成分も与えられて一石二鳥です。

クレンジングはほぼ毎日行うことなので、なるべく肌に負担をかけたくないですよね。目元をやさしくいたわりながらクレンジングをすることで、若々しい印象につながるでしょう。最初は面倒に思うかもしれませんが、少しの努力でこれまでのアイケアと差をつけてみてはいかがでしょうか。

(コスメコンシェルジュ 古賀令奈
美容・ヘルスケアを中心として「わかりやすく試しやすい」をコンセプトに執筆。日本化粧品検定1級コスメコンシェルジュを取得し、美容法の提案活動も展開。)

【関連記事】
見直すなら今!乾燥を招く「やってはいけないNGスキンケア」
潤いそのままに汚れをオフする「クレンジングバーム」3選
ゴワついたお尻は下着が原因!?つるつるヒップに導くケア
すすぎ30回で毛穴が目立たなく?たるみ毛穴を改善する洗顔法

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら