つやプラ

つやっときらめく美をプラス

サッと一振りで冷え知らず!?温活をサポートするスパイス

美養フードクリエイター
岩田 まなみ

寒さも本番。手足の冷えも辛いですが、身体が冷えて血液の流れが滞ることで、首、肩コリ、胃痛、腰痛、生理痛などの痛みを強く感じる場合もあります。

サッとひと振りで温活!冷え取りサポートになるスパイス3つ

健康と美容に役立つ食スタイルを提案して16年の美養フードクリエイターである筆者が、食べものや飲みものにひと振りするだけで温活をサポートするスパイスを3つご紹介します。

■ひと振りで温活!冷え取りサポートになるスパイス3つ

(1)山椒

サッとひと振りで温活!冷え取りサポートになるスパイス3つ

山椒に含まれるサンショオールには、血管を広げて血液の流れをスムーズにする働きがあります。

東洋医学では、冷えによる胃腸の不調に用いられています。血流をスムーズにして、胃腸の働きをサポートしますから、冷えによる胃の痛み、便秘などお腹のトラブルがある方におすすめです。

使い方

ピリリとした舌がしびれるような辛味がある山椒。コショウの代わりに、野菜炒めや肉料理に合わせたり、ドレッシングに加えたり。野菜サラダや豆腐サラダともよく合います。

(2)柚子パウダー

サッとひと振りで温活!冷え取りサポートになるスパイス3つ

柚子などの柑橘類の皮には、ヘスペリジンというポリフェノールが含まれています。このペスペリジンは、抗酸化力が強いだけでなく、手足などの末梢部の血管の健康を守り、血液の流れをスムーズにする働きがあります。手足の冷えが気になる方はもちろん、抗酸化力にも優れているので、身体のサビの予防にも◎。

柑橘類の皮をたくさん食べるのは現実的ではありませんが、柚子の皮を乾燥させてパウダーにした柚子パウダーなら、手軽にヘスペリジンを摂ることができますね。

使い方

柚子の香りは、どんなお料理にも合います。また、ホットミルクや温めた豆乳、葛湯に入れて飲んでもいいですね。

(3)ヒハツ

サッとひと振りで温活!冷え取りサポートになるスパイス3つ

ヒハツは、ヒバーチとも呼ばれ、沖縄ではコショウの代わりに用いられるスパイスです。コショウのような辛みもありますが、ほのかに甘い香りがします。

ヒハツも、末梢部の血管を丈夫にして血液の流れをスムーズにする働きがあります。

また、冷えの改善だけでなく、目の下のクマやむくみにも効果を発揮するそうですから、冷えによる顔のクスミ、むくみにお悩みの方におすすめのスパイスです。

使い方

コショウのような強い風味がないので、スパイシーな味が苦手な方にもおすすめです。野菜、肉、魚、お味噌汁やスープなどどんなお料理にも使うことができます。

サッとひと振りで冷え対策になるスパイス。毎日の食生活に取り入れて、冷え知らずの冬を過ごしたいですね。

(美養フードクリエイター・中医薬膳師 岩田まなみ
料理教室Manami’s Kitchen主宰。パリのEcole Ritz Escoffierにてフランス料理を学びDiploma取得、本草薬膳学院にて薬膳を学び、中医薬膳師の資格を取得。健康リズムカウンセラー、味覚カウンセラー(スタンダード)。自著「ベジフル発酵ジュースとレシピ」(2018年・日東書院本社)、「ヤセ菌が増えて太らない食べ方」(2016年・自由国民社)。コラム執筆、雑誌、TVなど多数のメディア出演実績がある。)

【関連記事】
毎日食べて内側から潤いケア!肌を乾燥から守る食べ物3つ
温活&ダイエットにも◎冷え対策に飲みたい「お茶」まとめ
腸活に役立つ「チョコレート」の選び方&食べ方って?
痩せ体質になる飲み物は?ダイエット中に飲みたいお茶3選

【参考】
成分情報 山椒 – わかさ生活
成分情報 ヘスペリジン – わかさ生活
ヒハツ – 全研本社

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら