つやプラ

つやっときらめく美をプラス

壁を使って肩こりを改善!肩関節の可動域も広がるストレッチ

フィットネス美トレーナー
MIKA

お家にいると、前かがみになる姿勢が多いです。お風呂やトイレ掃除、料理などの「家事」を行う時は、大体が前かがみの姿勢になりますよね。

同じ姿勢でテレビを見ていたり、携帯電話やパソコンを使う時間が増えると、肩こりに悩まされる人も多いのではないでしょうか。

壁を使って肩こりを改善!肩関節の可動域も広がるストレッチ

フィットネス美トレーナーの筆者が、お家の壁を使って簡単にできる「肩のストレッチ方法」をご紹介します。とても気持ち良く身体がすっきりとするので、ぜひ行ってみてくださいね。

■壁を使った肩のストレッチ

壁を使って肩のストレッチを行うと、肩こり改善はもちろん、肩関節の可動域を広げる効果も期待できます。

息を止めないようにし、勢いや反動をつけずに行ってください。無理をせず、少しずつストレッチを深めて肩関節の可動域を広げていくようにイメージしてみましょう。

足を腰幅より少し大きめにひらき、壁の前に立ちます。両腕を伸ばし、肩幅くらいにひらいて壁につきます。この時、肩と同じくらいの高さ、もしくは肩より少し上の位置に両手をつけましょう

(1)足を腰幅より少し大きめにひらき、壁の前に立ちます。両腕を前に伸ばし、肩幅くらいにひらいて壁につきます。この時、肩と同じくらいの高さ、もしくは肩より少し上の位置に両手をつけましょう。

両手で壁を押しながら、お尻を遠くに突き出すようにします。目線を下に向けて、上半身をおろせるところまでおろしていきます。肩関節の可動域が広がるのを感じるとともに、お尻からももの裏側も気持ちよくストレッチさせましょう

(2)両手で壁を押しながら、お尻を遠くに突き出すようにします。目線を下に向けて、上半身をおろせるところまでおろしていきます。肩関節の可動域が広がるのを感じるとともに、お尻から太ももの裏側も気持ちよくストレッチさせましょう。

気持ちよく伸びているのを感じながら、20〜30秒ほどゆっくり呼吸を続けます。

肩周りの関節の可動域が広がると、肩こりや四十肩、五十肩等の回避にもつながります。簡単にできてとても気持ち良いストレッチですので、行ってみてくださいね。

(フィットネス美トレーナー MIKA
フィットネス指導歴30年。ヨガ、サップヨガ、ピラティス、フィットネス全般指導、各種イベント講師。心とカラダの健康美をサポートする「フィットネス美トレーナー」として活動中。)

【関連記事】
テレワークの合間に座ってできる!下腹引き締めトレーニング
年齢不詳ボディに!痩せ体質に導く「腸腰筋エクササイズ」
おこもり中にトライ!全身の筋力をアップして引き締めるヨガ
20分歩くだけで美ボディに!効果アップのポイント4つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら