つやプラ

つやっときらめく美をプラス

実は高タンパク低カロリー!おでんの栄養価をUPする食べ方

管理栄養士
今井尚美

肌寒い季節になると食べたくなる、おでん。何気なく食べていることが多いかと思いますが、実は普段不足しがちな栄養素を補給できる、優秀なメニューです。

実は高タンパク低カロリー!おでんの栄養価をUPする食べ方

管理栄養士の筆者が、栄養価をUPするおでんの食べ合わせをご紹介します。食べ合わせを考慮すると、老化対策もできるので、ぜひこれからの季節に意識して食べてみてくださいね。

■おでんは女性に嬉しいメニュー?

「おでん」で冷え+老化対策!?栄養価をUPする食べ合わせ

選ぶ具材にもよりますが、おでんは基本的に低カロリー高たんぱく質。ダイエットにも適したメニューです。また、たんぱく質は熱を生み出す働きがあるため、冷え対策にもおすすめです。

一品でさまざまな食材を食べられるので、効率よく栄養素を補給できるのも、おでんの魅力といえます。

■食べ合わせで栄養価UP!おすすめの食べ合わせ

(1)トッピングにごまをプラス

ごまに含まれるビタミンEと、おでんの卵に含まれるセレンを一緒に摂ると、活性酸素を除去する働きが高まるといわれています。

活性酸素は、体の組織を老化させるため、髪や肌の老化につながりますし、生活習慣病などの原因にもなります。

組み合わせの良い栄養素を補給することで、効率よくアンチエイジングができますよ。

セレンは牡蠣にも多いので、“牡蠣おでん”など、関西風のおでんに仕上げても美味しくいただけます。

(2)トッピングに小口ねぎをプラス

小口ねぎには葉酸が含まれていますが、おでんのつみれなどに含まれるビタミンB12と一緒に摂ることで、貧血の予防になりますよ。

葉酸は、特に女性に必要な栄養素ですが、何かと不足しがちな栄養素なので、身近に食べられるおでんで葉酸が補給できると嬉しいですよね。

また、つみれは魚のすり身が原材料なので、脂質が少なく、良質なたんぱく質を補給できるのも魅力の一つですね。

(3)こんにゃく+きのこ・納豆

おでんの定番ともいえるこんにゃくには、カルシウムが豊富です。ビタミンDは、カルシウムの吸収率を上げる働きがあるため、ビタミンDが豊富なきのこ類・納豆を一緒に食べるのがおすすめです。

きのこは、煮物感覚でおでんに入れても美味しいですよ。

(4)副菜にはビタミンCを

おでんには緑黄色野菜を入れることが少ないため、副菜にはほうれん草の浸しや生野菜のサラダなど、ビタミンCが摂れるものを意識すると良いでしょう。

デザートに、いちごやキウイなどのフルーツを食べるのもおすすめです。手軽にビタミンCを補給できますよ。

おでんを食べるときに少し食べ合わせを意識すると、いつもより健康や美容に嬉しい働きを得ることができます。おでんでホッと一息ついて、寒い季節を健やかに過ごしたいものですね。

(フリーランス管理栄養士 今井 尚美)

 

【関連記事】
朝の一杯で体ポカポカ!1分で作れる出汁なしで美味しい味噌汁
乾燥が免疫力低下を招く!?体の内側から乾燥をケアする食材
糖質オフの味方!美肌&風邪対策に役立つカリフラワーの魅力
リラックスタイムのお茶で綺麗に!無印良品の「体が喜ぶお茶」

【参考】
セレン – わかさ生活

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら